Java

Android

Oracle Javaのクリティカルセキュリティパッチ2022年4月20日付配信開始。Java SE/JDKに深刻な脆弱性があり、早期のアップデートを

通常、Javaの話はあまりしないのですが、影響が大きい可能性が高いため掲載します。 リリース(英語): ダウンロード: マイクラのJava版などを実行している環境にある方やAndroidの開発系構築をされている...
Android

Oracle、Java SE 8 Update 211 および Java Development Kit 8 u211/u212 配信開始。今回からライセンス形式となりログインが必要(個人・開発ユースは無料)

Oracle、Javaの買収でとうとうマネタイズに突入です。 個人利用や開発系では無償で使えますが、JDKはOracleアカウントを作ってログインしないとダウンロードができない規約になりました。 商用ライセンスもあり、実際に商用アプ...
Mac

Oracle、Java ランタイム環境用ソフトウェア「Java Runtime Enviroment」8 update 201/201 配信開始。複数のバグ・脆弱性の修正が適用された4半期アップデート

3ヶ月に1回の定例アップデートとなります。 今回も事前に予告はありましたので、適切にアップデートをかけましょう。 Androidを弄る方は、JDK(Java Development Kit)の方をダウンロード・インストールしましょう...
Mac

Oracle、Java 8 u191/u192 配信開始。その他の新バージョン向けアップデータも同時配信中。脆弱性が多数有り早期のアップデートを

四半期アップデートの時期です。前回が7月17日でしたので、10月17日、丁度3ヶ月での定例アップデートとなります。 脆弱性は合計12個、うち11個が危険性の高めな脆弱性のため、早急にアップデートしましょう。 Android開発者...
Android

Oracle、Java 8 update 181 配信開始。3ヶ月に1度の定例パッチアップデート

3ヶ月に1度のクリティカルパッチアップデート(CPU)と呼ばれるものです。 Javaは構造上どうしても脆弱性が避けられないため、定期的なアップデートが推奨されます。 一般向けランタイムダウンロード: 開発者、Andro...
Mac

Oracle、Java SEを始めとしたソフトウェアのセキュリティ更新を配信開始。Java 8 u171/172等

四半期アップデートで前回は1月16日付でしたが、今回は4月17日付となります。 3ヶ月に1回の定期メンテナンスアップデートですが、だいたい致命的な脆弱性があるので、インストールが必須な方(Android開発・sideload等)は確実...
Android

Oracle、4半期に1回のクリティカルパッチアップデートで Java 8 u161/162 を配信。CPU脆弱性への対応も

新年明けて早々に色々と来ていますね。 リリース、JDKダウンロード(英語): 通常のJavaランタイム更新はこちら: Androidで開発している方、sideloadする方はアップデート必須です。 だいたい3...
Mac

Oracle、Java 8 Update 151/152 及び Java 9.0.1 リリース。四半期ごとのCPU(クリティカルパッチアップデート)

3ヶ月ごとに定期的にリリースされるJavaのアップデートが配信開始されました。 脆弱性がいつも相当数あるので必ずパッチを適用してください。 ランタイム版バージョン8 u151ダウンロード: 開発者版ダウンロード(英語)...
Apple

Oracle、Java 8 u144 を緊急配信。u141にあったバグの修正

3ヶ月に1回のCPU(クリティカルパッチアップデート)ではなく、バグ修正(セキュリティ部分のバグなのでセキュリティ修正??)の緊急パッチのような感じです。 リリースから1週間でのパッチ、自動化されていないアップデートシステム、危険です...
Android

Oracle、Java SE及びJDK update 141 配信開始。3ヶ月ごとの定例アップデートでバグ・32件の脆弱性を修正

お馴染みJavaランタイムのCPU(クリティカルパッチアップデート)です。 3ヶ月に一度メンテされて、バグ修正と脆弱性へ対応されます。 Oracle Critical Patch Update(英語): 修正内容が32件分...
タイトルとURLをコピーしました