Mozilla、FireFox 109.0 正式版配信開始。拡張機能の強化、セキュリティ関連の修正、危険度「高」4件を含む合計10件の脆弱性修正を行ったメジャーアップデート

FireFox_70_new_logo Android
FireFox_70_new_logo

FireFox_70_new_logo

FireFox_70_new_logo


ついにメジャーアップデートでバージョンが109に到達しました。

リリース(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/109.0/releasenotes/

新機能:
Manifest Version 3 (MV3) の拡張機能サポートがデフォルトで有効になりました (MV2 は引き続き有効/サポートされます)。
このメジャーアップデートでは、新しい拡張機能ボタンという形で、エキサイティングなユーザーインターフェイスの変更も行われました。

メディア再生ユーティリティのプロセスで Arbitrary Code Guard エクスプロイト保護が有効になり、Windows ユーザーのセキュリティが向上しました。

日付と日時を入力するためのネイティブのHTML日付ピッカーは、キーボードだけで使用できるようになり、スクリーンリーダーユーザーのアクセシビリティが改善されました。また、移動に制限のあるユーザは、一般的なキーボードショートカットを使用して、カレンダーグリッドと月選択スピナーを操作できるようになりました。

スペイン語 (es-ES) およびアルゼンチン語 (es-AR) ロケールの Firefox ビルドには、Firefox のスペルチェッカー用の辞書が内蔵されるようになりました。

現時点の脆弱性(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2023-01/

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました