Intel、2023年1月1日付で、第11世代以降の統合型グラフィックス「インテル® Arc™ & Iris® Xe グラフィックス」ドライバ「31.0.101.4032」正式版配信開始。多数のバグ修正、新規対応タイトルの追加など

Intel-Iris-Xe-graphics PC
Intel-Iris-Xe-graphics

intel-driver-support-assistant

intel-driver-support-assistant


第11世代以降向けのドライバです。
今回から完全に第十一世代以降と未満でドライバが別れる形となりました。
ただ、まだまだバグが非常に多く、特定のアプリで使いものにならないこともありそうです。

ダウンロード:
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/download/726609/intel-arc-iris-xe-graphics-whql-windows.html

リリースノート(英語、PDF):

31.0.101.4032
https://downloadmirror.intel.com/764788/ReleaseNotes_101.4032_WHQL.pdf

注意事項:

– Intel® ArcTM RGB コントローラーでシステム照明を次のレベルに引き上げましょう。
インテル® ArcTM RGB コントローラーは、インテル® ArcTM A770 グラフィックス限定版カードで 90 個の個別にアドレス指定可能な LED を利用できるようにカスタム設計されています。インテル® ArcTM RGB コントローラーは、ここからダウンロードできます。
– Windows® 10 および Windows® 11 上の Intel® ArcTM A770 Graphics Limited Edition に対応しています。
– Intel® と Cooler Master* は、このソフトウェアの作成において協力しました。
– インテル® ArcTM A770 グラフィックス Limited Edition の RGB ライティングを有効にする方法の詳細については、インテル® ArcTM A770 グラフィックス Limited Edition カードを参照してください。
Limited Edition カードの RGB 照明を有効にする方法の詳細については、『Intel® ArcTM A-Series Graphics – Desktop Quick Start Guide』を参照してください。

修正された問題:

・インテル® ArcTM グラフィックス製品
– Payday 2* (DX9) では、特定の水面でちらつきや破損が発生することがある問題を修正
– God of War* (DX11) では、メインゲームメニューの初回起動時にパフォーマンスが低下することがある問題を修正

・インテル® CoreTM プロセッサー製品:
– バトルフィールド 2042* (DX12) では、ゲームプレイ中に色調の乱れが発生する可能性がある問題を修正
– Watch Dogs: Legion* (DX12)では、ゲームプレイ中にアプリケーションがクラッシュする可能性がある問題を修正
– Hitman 3* (DX12)では、ベンチマーク実行中にアプリケーションがクラッシュする可能性がある問題を修正
– Assassin’s Creed Valhalla (DX12)では、グラフィックス設定を変更する際に映像が乱れることがある問題を修正

既知の問題:

・インテル® ArcTM グラフィックス製品
– Fortnite* (DX12) では、グラフィックス設定を High および Epic にすると、アプリケーションがクラッシュすることがあります。アプリケーションのクラッシュを軽減するために、グラフィックス設定をミディアムに設定し、ナナイトをオフに設定する必要がある場合があります。

– Diablo II: Resurrected* (DX12)では、システムが不安定になったり、アプリケーションがクラッシュしたりする可能性があります。

– Warhammer 40,000: Darktide* (DX12)では、キャラクター選択時にアプリケーションクラッシュが発生する可能性があります。

– 疫病物語。Requiem* (DX12) では、ゲームプレイ中にアプリケーションのフリーズやクラッシュが発生する可能性があります。

– Conqueror’s Blade* (DX11)では、ベンチマークモードで破損が発生する可能性があります。

– Call of Duty: Vanguard* (DX12)では、Submarineミッション中に影が欠けたり壊れたりすることがあります。

– スリープからの復帰時にシステムがハングアップすることがあります。回復のためにシステムの電源設定の変更が必要な場合があります。

– Adobe Premiere Proの一部のバージョンで、メディアの再生とエンコードにGPUハードウェアアクセラレーションが使用できない場合があります。

・Premiere Pro
– BlenderでNishita Skyのテクスチャノードを使用中に破損する可能性があります。

・インテル® IrisTM Xe MAX グラフィックス製品
– Intel® IrisTM Xe + IrisTM Xe MAX デバイスの両方を搭載した特定のノートブックシステムで、ドライバーのインストールが正常に完了しない場合があります。
システムを再起動し、グラフィックスドライバーを再インストールすると、正常にインストールされる場合があります。

・インテル® CoreTM プロセッサー製品
– ディステラ* (DX12)では、ゲームプレイ中に映像の乱れが発生する場合があります。
– Total War: Warhammer III* (DX11)では、戦闘シナリオのロード中にアプリケーションがクラッシュする可能性があります。
– Call of Duty Warzone 2.0* (DX12)では、ゲームプレイ中に特定の建物やフロアで破損が発生する可能性があります。
– Conqueror’s Blade* (DX12)では、ゲーム起動時にアプリケーションがクラッシュする可能性があります。
– A Plague Tale: Requiem* (DX12)では、ゲームプレイ中にアプリケーションがフリーズし、クラッシュする可能性があります。

・Intel® Arc Controlの既知の問題
– アークコントロールのインストールと起動には、Windows UACアドミニストレータが必要です。
– CMAA をグローバルに「強制オン」に設定すると、一部のアプリケーションでウィンドウが透明または空白になることがあります。
– ディスプレイのネイティブ解像度が 4K の場合、Arc Control Studio Capture で 1440p の解像度を選択できないことがあります。
解像度が 4K の場合、Arc Control Studio Capture で 1440p の解像度を選択できないことがあります。
– システム再起動後、Arc Control Studio Camera のオーバーレイ位置が希望の位置とサイズを保持しないことがあります。
– Arc Control Studio Camera タブは、最初のナビゲーションで期待される応答性よりも時間がかかる場合があります。
– Arc Control が不正なメモリ帯域幅の値を報告することがあります。

・インテル® ArcTM コントロールのパフォーマンス・チューニング (BETA)。
– インテル® ArcTM コントロールのパフォーマンス・チューニングは現在ベータ版です。そのため、パフォーマンスや機能が予期せぬ動作をする可能性があります。インテル® は、将来のリリースでパフォーマンス・チューニング・ソフトウェアを改良していく予定です。

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました