Intel、2022年10月20日付で、第6世代以降の統合型グラフィックスドライバ「31.0.101.3729/31.0.101.2114」配信開始。第13世代Intel UHD Grahpicsをサポートした新ドライバで、第10世代以前のドライバも更新

intel-driver-support-assistant Microsoft
intel-driver-support-assistant

intel-driver-support-assistant

intel-driver-support-assistant


今回は前回同様に第10世代以前のモデルとそれ以降のモデルでドライバが異なります。11世代以降は新機能なども追加されますが、それ以前のモデルはバグ修正、脆弱性対応のみとなります。
また、今回のアップデータは第10世代以前について初めてバージョン番号が上がっています。

ダウンロード:
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/download/19344/intel-graphics-windows-dch-drivers.html

このダウンロードは、Xe 専用、第 6~13 世代インテル® Core™・プロセッサー・グラフィックスインテル® Graphics Driver 31.0.101.3729/31.0.101.2114、および関連するIntel® Atom®、Pentium®、Celeron®・プロセッサーにインストールされます。ドライバーのバージョンはシステムのインテル® グラフィックスによって異なります。

リリースノート(英語、PDF):
31.0.101.2114(レガシードライバ)
https://downloadmirror.intel.com/750889/ReleaseNotes_101.2114.pdf

31.0.101.3729(最新ドライバ)
https://downloadmirror.intel.com/750889/ReleaseNotes_101.3279.pdf

修正された不具合:

31.0.101.2114(レガシードライバ)

・Watch Dogs Legionで、ゲーム開始時にクラッシュする問題を修正しました。

既知の不具合:

– Ghostwireのゲームプレイ中に断続的にクラッシュやハングアップが発生する場合があります。

– Call of Duty: Vanguard* (DX12)を起動すると、エラーメッセージのポップアップが表示されることがあります。

– Counter-Strike: Global Offensive (DX9)でシャドウの画質設定を変更すると、ゲームクラッシュが発生する場合があります。

– Destiny 2*でHDRを有効にすると、ゲームプレイ中に表示信号の損失やディスプレイの点滅が発生する場合があります。

– ストレンジャー・オブ・パラダイス 「Final Fantasy Origin]で、ゲームプレイ中にアプリケーションがクラッシュする可能性があります。

– Tom Clancy’s Ghost Recon Breakpoint*では、ゲームの一部の領域で軽度のシャドウ破損が発生する可能性があります。

– CrossFire (DX9)では、ゲームに参加するとアプリケーションがクラッシュしたり、セキュリティ警告が表示されることがあります。

– Call of Duty: Warzone* (DX12), Diablo II: Resurrected* (DX12), Euro Truck Simulator* (DX11), Farming Simulator 22* (DX12), Grand Theft Auto V* (DX11), Halo Infinite* (DX12), Hitman 2* (DX12), Marvel’s Guardians of the Galaxy* (DX12) and Microsoft Flight Simulator*(DX11) でマイナーなグラフィック異常が観察されるかもしれません。

– 30.0.100.9955またはそれ以前のドライバーからアップグレードした後にバトルフィールド1*を起動すると、「ドライバーの更新」ポップアップエラーメッセージが表示されることがあります。

31.0.101.3729(最新ドライバ)

ハイライト:
– インテル® UHD グラフィックス搭載の第 13 世代インテル® Core™ プロセッサーをサポートしました。

既知の問題:

– Counter-Strike: Counter-Strike: Global Offensive* (DX9)では、ゲーム内で影の画質設定を変更すると、ゲームがクラッシュする可能性があります。

– Destiny 2*でHDRを有効にすると、ゲームプレイ中にディスプレイの信号が途切れたり、ディスプレイが点滅したりすることがあります。

– ストレンジャー・オブ・パラダイス 「ファイナルファンタジー オリジン] で、ゲームプレイ中にアプリケーションがクラッシュすることがあります。

– 30.0.100.9955またはそれ以前のドライバーからアップグレードした後にBattlefield 1*を起動すると、「ドライバーの更新」というポップアップエラーメッセージが表示されることがあります。

-[ 第12世代インテル® Core™ プロセッサーのみ]Halo Infinite* (DX12) のマルチプレイヤーメニューで照明が乱れることがあります。
Grid Legends* (DX12) の照明品質をゲーム設定で高くすると照明が乱れることがあります。
CrossFire HD* (DX9) でゲーム中にタスクスイッチするとアプリケーションクラッシュすることがあります。
Chorus* では船の格納庫などゲームのいくつかの内部領域でアプリケーションクラッシュすることがあります。
Destiny 2*(DX11)、CrossFire HD*(DX9)、GRID Legends*(DX12)、F1 2020*(DX12)でHDRを有効にすると、軽度のグラフィック異常が見られる場合があります。
Sniper Elite 5*(DX12)ではゲームクラッシュまたはTDRでエラーダイアログがポップアップメッセージされる場合があります。
Red Dead Redemption 2*(DX12)ではゲームの API が DirectX®12に設定されていて VSyncが有効になっていると期待よりも性能が低くなる場合があります。

– 【第11世代および第12世代インテル® Core™ プロセッサーのみ】:
Gears 5* (DX12) でマイナーなグラフィック異常が見られることがあります。
NBA 2K21* (DX12) で解像度を変更すると、ゲームのクラッシュまたはハングが発生することがあります。

– 【第 11 世代 Intel Core プロセッサと Intel Iris Xe グラフィックスのみ】:
Elex*(DX11)、MechWarrior 5: Mercenaries*(DX12)、Strange Brigade*(DX12)および The Ascent*(DX12)でマイナーなグラフィック異常が見られるかもしれません。

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました