Apple、iPhone 8以降の全モデルに対して「iOS 16.0.2」配信開始。14Proシリーズのカメラ不具合をはじめ、多数のバグ修正を実施。watchOS 9.0.1 も発売前のUltraモデルのみに配信開始。

iOS16 Apple
iOS16

iOS16

iOS16


今回はiPhone全体に降ってくるアップデートで、サポート中の全てのデバイスに向けたノンセキュリティアップデートです。
また、AppleWatch Ultraには発売日アップデートが降ってきています。

・iOS 16.0.2
このアップデートはすべてのiPhoneユーザに推奨され、以下の重要なバグ修正が含まれます:
●iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで一部の他社製Appを使用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題
●デバイスの設定中に画面全体が黒くなることがある問題
●App間でコピー&ペーストすると、許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題
●再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題
●一部の修理済みのiPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題に対処

Appleソフトウェアアップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

OTA容量:281〜352MB

ビルド番号:20A380

キャリア設定ソフトウェア:51.0(変更なし)

脆弱性詳細:
なし

・watchOS 9.0.1
このアップデートにはApple Watch Ultra用の改善とバグ修正が含まれます。
●スピーカーを使用した通話中にオーディオが歪む可能性がある問題

OTA容量:MB

ビルド番号:20R8380

事業者番号:21.0(変更なし)

脆弱性詳細:
なし

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました