BANG & OLUFSEN、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay EX」に対して2022年9月6日付の最新ファームウェア「5.4.9」アップデート配信開始。ケースのファームウェア更新も含み、バッテリーの正確性など細かなバグ修正を実施

Beoplay EX アップデート
Beoplay EX

Beoplay EX

Beoplay EX


今回の更新は発売から3回目となりますが、ゴールド発売以降では2回目(初期ファーム5.1.0)です。

リリース内容:
・バッテリーのパーセンテージの正確性を向上
(アップデートが完了したら、イヤホンをケースから取り出し、1分ほど待ってから使用してください)
・その他こまかいバグ修正

ソフトウェア更新手順:
アップデート表示が出たら、以下の順番でアップデータを適用してください。

1.イヤホンをケースに入れてください。
2.蓋を閉めて、もう一度開けてください。
3.(アプリ内の)下のボタンを使用してアップデートを開始してください。
4.ソフトウェアの処理が完了するまで、イヤホンはケースに入れたままにしてください。
5.アップデートが完了したら、イヤホンをケースから取り出し、1分ほど待ってから使用してください。

インストール時間:30分前後(環境によって変動あり)

ケースに入れて蓋をあけたままのアップデートというのがポイントで、そのままケースに入れずに実施するとエラーになります。
ケースからイヤホンを出してペアリングが成功したら、アップデートのページに行きケースにイヤホンを入れてアップデート開始ボタンを押してみてください。
この時、ケースは開けっ放しにしないと接続が切れてしまいます。

上記でも失敗する場合は、端末側を再起動してみるとうまくいくことがあります。

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました