AMD、AMD Software: Adrenalin Edition 22.7.1(Optional)2022年7月26日付の正式版配信開始。新規タイトル「Swordsman™ Remake.」への対応、Windows 11 22H2への最適化、Vulkanの機能拡張など盛りだくさんなアップデータ

RYZEN_logo PC
RYZEN_logo

RYZEN_logo

RYZEN_logo


今回はバージョン番号が一気に上がって盛りだくさんな内容となっています。

リリース(英語):
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-22-7-1

ダウンロード:
https://drivers.amd.com/drivers/amd-software-adrenalin-edition-22.7.1-win10-win11-july26.exe

ハイライト:

・Swordsman™ Remake.への最適化
・Radeon™ BoostによるVariable Rate ShadingでElden Ring™、Resident Evil Village™、VALORANT™を対応させました。
・Microsoft® Windows® 11 バージョン 22H2への対応。
・Microsoft® Agility SDK リリース 1.602 (新しいマイナーな機能を含む)
・Microsoft® Agility SDK Release 1.606(Microsoft® Shader Model 6.7を含む)。
・Vulkan® 拡張機能の追加。
詳細については、こちらをご覧ください。

・AMD ノイズサプレッション
当社の最新機能です。AMDノイズ・サプレッションは、リアルタイムの深層学習アルゴリズムを使用して、周囲の環境からバックグラウンドのオーディオ・ノイズを低減し、重要な会議に集中している場合でも、対戦型ゲームに没頭している場合でも、より明瞭で集中力を高めることができます。詳細については、こちらのブログ記事をご覧ください。

・OpenGL®の最適化
Radeon™ RX 6950XTでRadeon™ Software Adrenalin 22.7.1を使用し、4K Fabulous設定でMinecraft™のパフォーマンスを最大79%向上(旧ソフトウェアドライババージョン 22.6.1 RS-491に比べ)。
Minecraft™ @ 4k Fabulous設定におけるパフォーマンスの最大75%向上(Radeon™️ RX 6400でRadeon™ Software Adrenalin 22.7.1を使用、以前のソフトウェア・ドライバ・バージョン22.6.1 RS-495と比較した場合)。

・Radeon™スーパーレゾリューション
AMD Ryzen™プロセッサー搭載のハイブリッド・グラフィックス搭載ノートPCにおけるディスクリートRadeon™ RX 5000および6000シリーズGPUのサポートを拡大しました。
RSRは、ボーダーレス・フルスクリーンモードでよりシームレスな体験を提供するために改良され、パフォーマンス/品質スライダーを使用してゲーム体験をパーソナライズすることができます。

修正された問題:

・Radeon™ RX 6800などの一部のAMDグラフィックス製品において、OpenCL™ APIを使用したFolding@home™の計算性能が期待よりも低くなることがある問題を修正。

・Auto Undervoltにより、Zero RPMファン機能が無効化される場合がある問題を修正。

・フルスクリーン排他モードでウィンドウを高速に切り替えると、Hitman 3™がフリーズすることがある問題を修正。

・Radeon® RX 6900 XT Graphicsなどの一部のAMDグラフィックス製品で、ブラウザのビデオアップスケーリングがぼやけて見えることがある問題を修正。

・拡張モニターでビデオ再生を行うと、Enhanced Syncによりゲームが15FPSにロックされることがある問題を修正。

既知の問題:

・Call of Duty® のプレイ中にスタッタリングが発生することがあります。

・Radeon™ RX 6900 XT Graphicsなどの一部のAMDグラフィックス製品で、CalderaマップのCall of Duty®: Warzone™をプレイしているときに、吃音が発生することがあります。

・Nioh™ 2などのゲームで解像度やHDRの設定を変更した後、Radeon™ Super Resolutionが起動しないことがあります。

・Radeon™ RX 6800 XT Graphicsなどの一部のAMDグラフィックス製品で、バーチャル・リアリティ・ヘッドセットがちらつく場合があります。

・Radeon™ 570などの一部のAMDグラフィックス製品で、ゲームを終了した後、Radeonパフォーマンス・メトリクスでGPU使用率が100%に固定されることがあります。

・Radeon™ RX 6700 XTなどの一部のAMDグラフィックス製品で、ビデオ再生中およびゲームプレイ中にディスプレイが黒くちらつくことがあります。

・ゲームやシステム構成によっては、Enhanced Syncを有効にすると、黒い画面が表示されることがあります。
エンハンスドシンクを有効にした状態で問題が発生する可能性がある場合は、一時的にエンハンスドシンクを無効にすることで回避することができます。

重要な注意事項:

・AMDソフトウェアキャプチャとストリーム機能、およびクローンモードとEyefinityディスプレイ構成のオーバーレイサポートは、後日導入される予定です。

・Microsoft® Shader Model 6.7 Relaxed Format CastingおよびAdvanced Texture Operationsは、現在Radeon™ RX Vegaおよびそれ以降のAMDグラフィックス製品に限定されています。

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました