【追記】Microsoft、2022年3月の定例外CパッチをプレビューとしてWindowsUpdate経由で配信開始。Windows 11向けにも3月28日付で配信開始。

Windows10 Microsoft
Windows10

Windows 11

Windows 11


今回はWindows 11で導入された検索表示関連がリッチになる機能更新が入っています。
容量もそれほど大きくなく、かなり軽めなのでテスト環境などで是非どうぞ。
また、Cリリースについてはサービスが終了している、もしくは特例延長版のバージョンには降ってきません。

Windows 10 については、2004以前のバージョンはサポートが終了していることから、早急に20H2以降へのアップデートを推奨します。
特例としていくつかの古いバージョンの対応は行われている状況です。

・Windows 11(オリジナルリリース)
https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/march-28-2022-kb5011563-os-build-22000-593-preview-40df54c9-b5a9-42e5-ae1c-9a33ff91ca91

・Windows 10 バージョン 21H2、21H1、20H2リリース
https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/2022-%E5%B9%B4-3-%E6%9C%88-22-%E6%97%A5-kb5011543-os-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89-19042-1620-19043-1620-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-19044-1620-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-4fe2d1c0-720f-47fe-9523-75339bc107a1

Windows 7 については法人向け延長サポートに有料で入らない限り、今回はアップデータを適用できません。
来月以降も原則パッチが提供されませんので、Windows 10などへの移行を早急にすべきです。

現場からは以上です。





コメント

タイトルとURLをコピーしました