結局格安SIM、格安スマホとは結局どういう存在であるのか、呼び方はそれで適切なのか、本当に安いのか

SIMカード

SIMカード


昨年あたりから世間を賑わせている格安SIMや格安スマホという言葉。
そもそも「格安」という言葉から感じるイメージは、とりあえず利用料金が安いんでしょ、というニュアンス的なものでしょう。
ところが、現時点でドコモやauと直接契約したスマートフォンを1台で運用している方が主回線を「格安系」に変更すると色々と面倒なことも起きます。
また、格安スマホは「いくらから」格安なのか、という問題もはらんでいます。
1万円の方もいらっしゃるでしょうし、3万円ぐらい、と想像する方もいらっしゃると思います。
SIMフリー端末という言葉も合わせ、ごちゃごちゃになっている感がありますね。

とりあえず、ここでは格安SIMにターゲットを絞ってお話していきます。



まず格安SIMのデメリットを上げていきましょう
・昼や夕方の混雑時にはTwitter程度しか閲覧できない(都市部で顕著です)
・機種変更、MNPでの移行時に空白期間ができる会社がある(数日電話できません)
・スマートフォンが故障した際の代替機の用意が無いので修理するまで電話利用不可
・通話メインの場合だと通話料は三大キャリアより高いので高く付く



次に格安SIMのメリットをあげていきます
・通信費用は確かに安く、3ギガバイトで1000円程度が主戦場(データ専用SIM)
・朝方や夜中などはドコモやauなどのキャリアと遜色ない速度が出る
・基本、通信量の翌月以降繰り越しが可能
・競争が激しいので、勝手に値下げされていることが多い
・同じくデータ容量が増量されてお値段そのままになることも
・店頭で買ってすぐ端末に挿して使える手軽さ
・ほとんどのプランで解約時の違約金がない(音声の場合は縛りがある)
・2年縛りなどの長期契約はない(音声付きで最高6ヶ月程度)
・音声付きはMNPの弾にできる(キャリアの乗り換え割が適用される)



但し、三大キャリアと呼ばれるドコモ、au、SoftBankでも格安SIMと同じ程度に費用を下げられる手法があります。
乗り換え割引、固定回線とのセット割、下取り割、電気料金割を組み合わせると、だいたいどのキャリアでも月1000円台で3~5GB程度のデータ容量を持った音声回線が手に入ります。

例:OCNモバイルONEの格安SIM音声付き価格の一番多いであろう契約体系
音声付き3GBデータ:1800円/月+初期費用3000円
音声付き5GBデータ:2150円/月+初期費用3000円
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/voice/

当方が所持している今一番安い音声付き回線はSoftBankのNEXUS6Pで1618円/月です。
これ、実はスマート値引き(固定回線セット割)を付けると1522円値引きになるので、1ヶ月の維持費が96円という驚愕価格になります。
通話料金はもちろん格安SIMより安く、スマ放題ライト付きなので5分までの通話が何回でも無料です。相手キャリアや回線は問いません(SMS送信は無料対象外)。
(現在ドコモやauもほぼ同じプランを用意しています)

また、データ回線で一番安いのはauのiPad Air2で700円台です。
これは主回線と組み合わせて端末を一括で購入すると2年間にわたり割引きが受けられるサービスを利用したものです。


以上のことから、MVNOと呼ばれる仮想移動体通信事業者(通称:格安SIM)の提供するサービスは使い方によっては確かに安いのですが、キャリアの回線が昼間極度に遅くなるようなことはないため、昼間メインで使って音声も多少使うという条件ならMNPでの割引き狙いをしたほうが得策です。



要するに、メイン回線はドコモかauにして、MVNOの格安SIMはサブ回線で遊びとして使うような使い方にしないと、現時点ではまともに使えない、という結論です。
通話をあまりしないで安く済ませたいというなら、格安SIMに中古のドコモスマホを買えばOKです。ドコモ回線なら格安SIMのほとんどがSIMロック解除無しで使えます。
(ドコモのSIMを流用しているようなものなので)


格安SIM、という言葉だけに踊らされないよう、ご注意ください。
特にこの業界は競争が激しく、昼間も速度が出る会社も評判が上がるとユーザーが集中してすぐに混雑したりするので、毎月各MVNO会社をチェックしているようなサイトで確認しつつ、比較的安定している会社を探すのが、どうしても使いたい場合に良いかと思います。

個人的なお勧めは乗り換え割を使ったドコモやauなどの格安維持回線付きスマホです。
SoftBankは地方の出張時に辛いので、メイン回線は注意深く選びましょう。

また、格安スマホの方はほとんどがSIMフリー化しています。
価格コムあたりに沢山記事広告がありますので、そちらを参照ください。
端末はハイエンドなものしか興味がないためです。
価格コム:格安スマホ比較





カテゴリー: Android, docomo, KDDI, MVNO, SoftBank タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です