Nintendo Switch 本体ソフトウェア「13.0.0」配信開始。Bluetoothオーディオに本体だけで対応した他、新型用にドッグのファームウェアが更新できるように

NINTENDO SWITCH

NINTENDO SWITCH


今回はメジャーアップデートに相応しい機能追加と新型用の設定が追加されたものとなっております。

また、今回はジョイコンのファームウェア更新も同梱されており、設定からコントローラの更新でファームの更新が可能です。

リリース:
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/system_update/index.html

詳細:
・「設定」に以下の機能を追加しました。
「Bluetooth®オーディオ」に対応しました。
Bluetooth®で通信するヘッドホンやイヤホン、スピーカーなどをNintendo Switchと接続して使用できるようにしました。
-Bluetoothオーディオ使用中は、接続できる無線コントローラーが2個までとなるほか、ローカル通信との併用はできません。
-Bluetoothオーディオ機器のマイク入力には対応していません。
-Bluetoothオーディオ機器によっては音声の遅延が目立つ場合があります。
-くわしくはこちらをご確認ください。

・「本体」に「ドックの更新」を追加し、Nintendo Switchドックのソフトウェアを更新できるようにしました。
更新できるNintendo SwitchドックはNintendo Switch(有機ELモデル)に同梱しているLAN端子付きのドック[HEG-007]のみです。
※Nintendo Switch Liteにはこの機能は追加されません。

・「スリープ」に「スリープ中の有線インターネット接続の維持」を追加しました。
この設定が「ON」の場合、有線でインターネット接続をしている本体がスリープになっても常にインターネットへの接続を続けるため、スマートフォンなどからソフトや追加コンテンツを購入した場合などにすぐにダウンロードが開始されます。
「OFF」にすると一定間隔ごとにインターネットに接続してダウンロードなどを行う動作に変わりますが、その分消費電力が低下します。
※この設定の初期値は「ON」です。
※システムバージョンが13.0.0未満の場合の動作は、この設定が「ON」のときと同じです。

・「コントローラーとセンサー」の「スティックの補正」において、補正の開始方法を変更しました。
従来の「スティック押し込み」から、「スティックを一定方向に倒し続ける」方法に変更しました。

・「インターネット」において、無線でインターネットに接続しているときに使用している電波周波数帯(2.4GHz/5GHz)を確認できるようにしました。

現場からは以上です。





カテゴリー: アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です