GarageBand for iOSがver 2.1にアップデート。多くの機能が追加され、3D Touch限定機能も

GarageBand

GarageBand


ポリフォニックアフタータッチというのが新たに加わった模様です。
その他、Appleループやサウンドが1200個追加、容量も1.0GBの巨大アプリは相変わらずです。
オーディオユニットが拡張され、他社製Appの音源を利用できるようになりました。
32トラック同時録音のサポートなど、以下に変更点を列挙します。

• Live Loopsを使って、マルチタッチジェスチャーにより音源ループやDJスタイルのエフェクトをリアルタイムでトリガして音楽を作成できます(*)
• バーチャルDrummerを加えると、曲のディレクションを示しながら、アコースティックやエレクトリックのリアルなグルーブを叩き出します
• Touch Instrumentのコントロールノブの調整をリアルタイムで記録できます
• オートメーションカーブを作成/編集してトラックの音量を制御できます
• シンプルEQやCompressorを使ってTouch Instrumentやオーディオ録音のサウンドを磨くことができます
• ベースギターをつないで、ビンテージやモダンなベース・アンプ・リグを演奏できます
• 1,200以上の新しいApple Loopsやサウンドが追加されました
• 最大32トラックまで同時に録音できます(**)
• Audio Unit機能拡張により、他社製の音源Appを曲で使用できます(***)
• iCloud Driveを使ってGarageBandプロジェクトを直接読み込んだり書き出したりできます
• ポリフォニックアフタータッチ対応のキーボードのサウンドを3D Touchで演奏できます(****)

* Live LoopsはiPhone 5、iPhone 5c、iPad(第4世代)以降のデバイスで使用できます。
** 32トラックはiPhone 5s、iPad Air、iPad mini 2以降のデバイスで使用できます。マルチトラック録音には、対応する他社製オーディオインターフェイスが必要です。
*** 互換性のある他社製Audio Unit機能拡張音源AppをApp Storeから入手する必要があります。
**** ポリフォニックアフタータッチはiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで使用できます。

アプリはこちら





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, アップデート タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です