NVIDIA、GeForce Experience 3.23.0.74 配信開始。FPSカウンタが無効になるバグや新規タイトル追加のアップデート

nvidia

nvidia


ドライバの更新とほぼ同時に、お馴染みの配信や最適化を行うNVIDA純正ソフトの更新が入りました。

ダウンロード:
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/geforce-experience/download/

詳細:
GeForce Experience 3.23 の最新情報

・FPS カウンター & ワンクリック自動 GPU チューニングがコミュニティのフィードバックで改善しました。
皆様からいただいたフィードバックを参考にして、NVIDIA は新しい FPS カウンターを調整しました。ゲーム内オーバーレイで FPS が使用できないとき、「N/A」と表示されることがなくなりました。また、自動チューニングの状態を知らせるメッセージを追加し、自動チューニングの使い勝手を良くしました。[Alt+Z] を押し、[パフォーマンス] をクリックするとこでパフォーマンス パネルと自動 GPU チューニングにアクセスできます。

・ワンクリック HDR スクリーンショット キャプチャは、GeForce Experience 対応のあらゆるゲームで使用できます。
GeForce Experience のゲーム サポートが拡大されました。クイック HDR スクリーンショット キャプチャの対応ゲームが、300 超の Ansel 対応ゲームから 1000 超の GeForce Experience 対応ゲームになりました。HDR モニターでプレイ中、[Alt+F1] を押すと、HDR スクリーンショットを JXR 形式で保存できます。HDR スクリーンショットを正確に表示するには、Microsoft Store の HDR+WCG イメージ ビューアーをお試しください。

・Freestyle と Ansel が機能強化され、24 の新しいゲームのサポートが追加されました。
Ansel または Freestyle ゲームに適用されるゲーム フィルターの応答性を改善しました。最新の Game Ready ドライバーで利用できる新しいゲーム フィルターをお試しください。また、最新の Game Ready ドライバーでは、24 のゲームで Freestyle と Ansel のサポートが追加されました。『Aron’s Adventure』、『BALAN WONDERWORLD』、『Blizzard Arcade Collection』、『Days Gone』、『Dorfromantik』、『GRIT』、『Iron Conflict』、『It Takes Two』、『KINGDOM HEARTS HD 1.5+2.5 ReMIX』、『KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue』、『Knockout City, 『LastCloudiaTc』、『Mass Effect Legendary Edition』、『Metro Exodus Enhanced Edition』、『Mr. Prepper』、『Necromunda: Hired Gun』、『Old School RuneScape』、『Ranch Simulator』、『Resident Evil: Village/Biohazard Village』、『Rogue Heroes: Ruins of Tasos』、『Teamfight Manager』、『The Fabled Woods』、『Total War: ROME REMASTERED』、『Totally Accurate Battle Simulator』

・NVIDIA Reflex Latency Analyzer 対応のゲーム、デバイス、モニターが増えました

昨年 9 月、システム遅延を削減する新しいテクノロジを導入しました。NVIDIA Reflex です。現在、人気上位 15 の競技向けシューター ゲームのうち 12 が Reflex に対応しています。このテクノロジと共に、Reflex Latency Analyzer を導入しました。エンドツーエンドのシステム レイテンシを計測するツールです。現在、14 を超える G-SYNC ディスプレイと 20 を超えるマウスが Reflex Latency Analyzer をサポートしています。測定を簡単にするために、『オーバーウォッチ』、『レインボーシックス シージ』、『Rust』にフラッシュ インジケーターが追加されました。Reflex Latency Analyzer モニターをお持ちの場合、始めにフラッシュ インジケーターの上にモニタリング領域を示す四角の位置を合わせ、[Alt+Z] -> [設定] -> [HUD レイアウト] -> [遅延] の順に押し、レイテンシ オーバーレイをオンにします。それから、エンドツーエンドのシステム 遅延の測定を始めてください。

・21 の新しいゲームに最適設定のサポートが追加されました。

『Aron’s Adventure』、『BALAN WONDERWORLD』、『Blizzard Arcade Collection』、『Dorfromantik』、『Evil Genius 2: World Domination』、『Iron Conflict』、『It Takes Two』、『KINGDOM HEARTS HD 1.5+2.5 ReMIX』、『KINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologue』、『KINGDOM HEARTS III + Re Mind (DLC)』、『Kingdom of Amalur: Re-Reckoning』、『LastCloudia』、『Metro Exodus: Enhanced Edition』、『Mr. Prepper』、『Old School RuneScape』、『Ranch Simulator』、『バイオハザード ヴィレッジ』、『Rogue Heroes: Ruins of Tasos』、『Teamfight Manager』、『The Fabled Woods』、『Total War: ROME REMASTERED』 『Total War: ROME REMASTERED』

バグ修正:
・Advanced Optimus ノート PC のゲーム内オーバーレイに関する互換性問題に対処しました。
・解像度を変更した後にゲーム内オーバーレイが無効になる問題を修正しました。

現場からは以上です。





カテゴリー: PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です