Mozilla、Firefox 89.0.1 配信開始。バージョン89のリリース後に見つかった多数のバグ、脆弱性への修正対応

FireFox_70_new_logo

FireFox_70_new_logo


セキュリティ修正は危険度が低く、どちらかというとバグ修正がメインです。

リリース(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/89.0.1/releasenotes/

バグ修正詳細:
・Windows:一部のスクリーンリーダーがFirefoxと正しく連携しなくなる問題を解決しました。
・スペイン語(メキシコ)の完全なローカリゼーションおよびその他の改善を含む、更新された翻訳を実装しました。
・さまざまなフォント関連のバグを修正しました。
・Linux:WebRenderでパフォーマンスと安定性の低下を修正を行いました。
・macOS:外部モニターでページをスクロールするときの画面のちらつきを修正しました。
・エンタープライズ:DisableDeveloperToolsポリシーが無効になる問題を修正しました。
・Linux:一部のGTKテーマでスクロールバーが壊れる問題を修正しました。
・さまざまな安定性とセキュリティの修正を行いました。

脆弱性詳細(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2021-27/
Windows版のみに存在する脆弱性となります。

現場からは以上です。





カテゴリー: Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です