Microsoft、Windows 10 バージョン 21H1(Windows 10 May 2021 Update)正式版配信開始。WindowsUpdate経由は順次配信となり、強制アップデートも可能

Windows10

Windows10


準備ができている端末からWindowsUpdate経由で配信が始まっています。
当方環境では、1台が該当しており、動作確認等を行いました。

Ryzenマシンの場合、更新後の再起動を行っても再び更新プログラムがある挙動が起こります。
何度か再起動、シャットダウンを行うことで最終的に安定します。
ISOやツールでアップデートした場合については未検証です。

ダウンロード:
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80

ISOイメージダウンロード:
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

今回は月例アップデート並みにアップデート時間が短縮される形で提供されること、2004以降とカーネルコンポーネントが共通のため、不具合は起こりにくくなっているようです。

ISOアップデートやメディアクリエイションツールを使ったアップデートは通常通り時間がかかるので、WindowsUpdate経由で配信されるのを待つのが一番早いです。

なお、Windows 10Xは開発中止とのことでした。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です