Nintendo Switch 本体ファームウェア 12.0.0 配信開始。約5か月ぶりの更新でセーフデータお預かりのバグ修正等

NINTENDO SWITCH

NINTENDO SWITCH


大型アップデートか?と思わせるバージョン番号ですが、そこまで大きな変更はないようです。

リリース:
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/system_update/index.html

詳細:
12.0.0(2021年4月6日配信開始)
以下の不具合の修正を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

・「セーブデータお預かり」の機能で、セーブデータのバックアップ処理中に通信エラーが発生すると、まれに一部ソフトのセーブデータの自動バックアップが停止してしまう問題を修正しました。
*エラーが発生しているかどうかや、エラーが発生しているときの対処方法についてはこちらをご覧ください。

特段UIが変わっているとかはないのですが、内部的に大幅な変更があるかもしれません。
セキュリティにも関わるので、確実にアップデートをしておきましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です