【追記あり】Microsoft、Windows 10 バージョン 2004及び20H2で発生していた特定のアプリから印刷するとブルースクリーンになる不具合を修正する緊急パッチ「KB5001567」を配布開始

Windows10

Windows10


3月16日付のリリースなので、少し遅れました。
Officeでは印刷の不具合はないようです。

追記:
3月18日付で、KB5001648/KB5001649 という差し替えたパッチがリリースされました。
同様の事象への対応ですが、このパッチ適用がWindowsUpdate経由だとエラーでインストールできない事象が発生しています。
(現在、アップデータを確認すると、上記のパッチにすり替わっています)
このため、Micorosoft Update カタログから直接ファイルをダウンロードし、インストールすることをお勧めします。

ダウンロード:
KB5001648
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB5001648
Windows 10 バージョン1909用

KB5001649
https://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB5001649
Windows 10 バージョン2004以降向け

リリース:
https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/2021-%E5%B9%B4-3-%E6%9C%88-15-%E6%97%A5-kb5001567-os-%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%89-19041-868-%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3-19042-868-%E5%B8%AF%E5%9F%9F%E5%A4%96-6e0844a2-7551-4b2d-9c4b-4274a5949bf3

ダウンロード、インストールとも通常のアップデートより時間がかからずに終わるので、確実にパッチを適用しておきましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です