WordPress 5.7「Esperanza Spalding」正式版リリース。フォントサイズ調整、HTTPSへの変換など新機能が盛り沢山のメジャーリリース

WordPressロゴ正式版

WordPressロゴ正式版


予定通り、バージョン5.7が本日リリースされました。

ニュース(英語):
https://wordpress.org/news/

詳細:
2021年の最初のWordPressリリースである「Esperanza」をご覧ください。
「Esperanza」は、現代の音楽の天才であるエスペランサスポルディングにちなんで名付けられました。
ミュージシャンとしての彼女の道は多様で刺激的です。彼女についてもっと学び、彼女の音楽を聴いてください!

この新しいバージョンで、WordPressはあなたに新鮮なカラーをもたらします。
このエディターは、コード作成に取り掛かったり、プロを雇ったりしなければできなかった作業をするのに役立ちます。
最もよく使用する設定関連は、必要な場所にあります。単純なはずのレイアウト変更は、さらに簡単に行えるようになります。

・新しいエディターが使いやすく

より多くのエリアでのフォントサイズの調整:
現在、フォントサイズのコントロールは、ListブロックとCodeブロックの必要な場所にあります。
その単純な変更を行うために別の画面に遷移する必要はもうありません!

再利用可能なブロック:
いくつかの機能強化により、再利用可能なブロックがより安定し、使いやすくなりました。
そして、[更新]ボタンをクリックすると、投稿とともに自動的に保存されるようになりました。

インサーターのドラッグアンドドロップ:
ブロックとブロックパターンをインサーターから投稿にドラッグします。

・カスタムコードを記述せずにさらに多くのことができます

フルハイトの配置:
Coverブロックのようなブロックをウィンドウ全体に表示したいと思ったことはありませんか?
今、あなたはそうすることができます。

ボタンブロック:
垂直または水平レイアウトを選択できるようになりました。また、ボタンの幅を事前に設定したパーセンテージに設定できます。

ソーシャルアイコンブロック:
アイコンのサイズを変更できるようになりました。

・よりシンプルなデフォルトのカラーパレット

この新しい合理化されたカラーパレットは、WordPressソースコードに含まれていたすべての色を、白または黒に対するWCAG 2.0AA推奨のコントラスト比を満たす7つのコアカラーと56の色調の範囲に縮小します。

デフォルトのWordPressダッシュボードの配色で新しいパレットを見つけて、テーマ、プラグイン、またはその他のコンポーネントを作成するときに使用します。詳細については、カラーパレットの開発ノートをご覧ください。

・ワンクリックでHTTPからHTTPSへ

今から、サイトをHTTPからHTTPSに切り替えるのはワンクリックです。
切り替えを行うと、WordPressはデータベースのURLを自動的に更新します。これ以上の狩猟や推測はありません!

・新しいロボットAPI

新しいRobotsAPIを使用すると、robotsメタタグにfilterディレクティブを含めることができ、APIにはデフォルトでmax-image-preview:largeディレクティブが含まれています。つまり、検索エンジンはより大きな画像プレビューを表示できるため、トラフィックを増やすことができます(サイトが非公開としてマークされている場合を除く)。

・iFrameの遅延ロード

これで、iframeを遅延ロードするのは簡単です。
デフォルトでは、幅と高さの両方が指定されている場合、WordPressはiframeタグにloading = “lazy”属性を追加します。

・jQuery3.5.1への更新後の継続的なクリーンアップ

何年もの間、jQueryは、基本的なツールでは不可能だった方法で画面上で物事を動かすのに役立ちましたが、それは変化し続けており、jQueryも同様です。
5.7では、jQueryはより焦点が絞られ、煩わしさが少なくなり、コンソールに表示されるメッセージが少なくなりました。

通常、特段の操作なしに自動アップデートが入るはずですが、手動で行う設定、環境の方は是非アップデートしておきましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: CMS, PC, VPS, WordPress, アップデート, アフィリエイト, パソコン関連, レンタルサーバ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です