Apple、macOS 11.2.2 「Big Sur」最新版配信開始。2019年以降のMacBookPro等でUSB-Cポートに非準拠のセルフパワー動作のハブ、ドック等を接続するとMac本体が破損する恐れのある不具合の解消

macOS-Big-Sur

macOS-Big-Sur


かなり緊急性のた回案件のようで、macOSだけのアップデートが降ってきました。
セキュリティ関連の更新はありませんが、該当機種には早急にアップデートを適用したほうが良い案件です。
当初、接続機器に不具合が発生する書き方になっておりましたが、mac本体に破損が生じる可能性のあるリコール寸前の案件でした。

リリース(英語):
https://support.apple.com/en-us/HT201222

詳細:
macOS Big Sur 11.2.2では、特定の他社製の非準拠セルフパワーUSB-Cハブやドックを接続したときに、MacBook Pro(2019年以降)およびMacBook Air(2020年以降)が破損するのを防止することができます。

このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT211896

ビルド馬号:20D80

OTA容量:2.63〜2.17GB(機種依存)

当方の環境でもUSB-C周りの認識がおかしかったため、なんらかの大きな不具合を抱えていたのではないかと思います。
該当機種を使っていて、外部機器を接続する方は早急にアップデートを推奨します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, PC, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です