WordPress 5.6 正式版配信開始。数多くの新機能や各種プラグインとの互換性改善、言語へのマッチング向上など大きなアップデート

WordPressロゴ正式版

WordPressロゴ正式版


予告通り12月8日(日本時間12月9日)にリリースされました。

リリース(英語):
https://wordpress.org/news/2020/12/simone/

変更・追加点:

・レイアウトの柔軟性の向上
コードの有無にかかわらずレイアウトを編集できるツールを追加して、ストーリーを生き生きとさせましょう。単一列のブロック、幅と列が混在するデザイン、全幅のヘッダー、カバーブロックのグラデーションなど、小さな変更や大きなステートメントを同じように簡単に作成できます。

・より多くのブロックパターン
一部のテーマでは、事前に作成されたブロックパターンにより、サイトに標準ページを簡単に設定できます。パターンの力でワークフローを合理化し、クリック数を節約しましょう。さらに、これらの機能をクライアントや編集者などと共有します。

・より良いビデオキャプション
動画に字幕やキャプションを追加しやすくするために、投稿やページにアップロードできるようになりました。これにより、字幕を必要とする、または使用することを好むすべての人がビデオにアクセスできるようになります。

そのほか、jQueryの最新版が同梱されるなど、複数のバグや脆弱性に対応しています。
一方で、サーバとの互換性で問題が出る可能性も否定できず、少し様子を見てもいいかもしれません。

現場からは以上です。





カテゴリー: CMS, PC, アップデート, アフィリエイト, ソーシャル関連, パソコン関連, レンタルサーバ タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です