Microsoft、Windows 10 バージョン2004以降に対して、ビルド「KB4586853」オプション配信開始。年内最後のオプションパッチとなるとのこと

Windows10

Windows10


12月の休暇に合わせて、年内にあと1回セキュリティパッチが来るはずですが、月2回のパッチ配信は行わない旨、アナウンスされています。
今回のパッチはセキュリティ修正を含みません。

リリース(英語):
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4586853

ハイライト:

・ナレーターがデバイスをロックする前に使用されていた場合、デバイスのロックを解除した後、ナレーターが応答を停止する問題を更新します。
・Windowsデバイスで特定のMicrosoftXboxコンソールを見つけることができない問題を更新します。
・サポートされているモニターにMicrosoftXbox GameBarアプリのコントロールが表示されない問題を更新します。この問題は、これらのモニターで可変リフレッシュレートを有効にして実行されている特定のMicrosoftDirectX®9.0(DX9)ゲームで発生します。
・USB3.0ハブの問題を更新します。デバイスを休止状態にするか、デバイスを再起動するように設定すると、ハブに接続されているデバイスが機能しなくなる場合があります。
・日本語IMEまたは繁体字中国語IMEを使用するときに、編集コントロールの入力フォーカスをランダムに変更する問題を更新します。
・メールアプリでタッチキーボードが不安定になる問題を更新します。
・低解像度モードで動作するWindowsMixedRealityヘッドセットの視覚的品質を向上させます。
・PDF24アプリバージョン9.1.1が.txtファイルを開かない問題を更新します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です