Apple、iWork for iOS /iPad OS/macOS をアップデート。ApplePencilへの対応強化や新しい画像ピッカー、編集可能なシェイプなどをサポート

iWork for iOS

iWork for iOS


というわけで、新OSに伴う機能向上アップデートです。
Scribbleという機能(汚い入力文字を変換する)も追加されています。

〇Pages

・「ApplePencil」を使って手書きで入力すると、単語が自動的にテキストに変換されます。iPadOS 14‌が必要です。
・新しいレポートテンプレートから選択して、作業を開始してください。
・さまざまな新しい編集可能な図形でドキュメントを強化します。
・再設計されたイメージピッカーの新しいズーム機能と検索機能を使用して、写真やビデオを簡単に見つけることができます。 「iOS 14」または「iPadOS 14」が必要です。

〇Keynote

・「ApplePencil」を使って手書きで手書き入力すると、単語が自動的にテキストに変換されます。‌iPadOS 14‌が必要です。
・新しいアウトラインビューを使用して、他に邪魔されずにコンテンツの構造とフローにフォーカスできます。
・プレゼンテーションでYouTubeおよびVimeoのビデオを直接再生します。
・ムービーのエクスポートで、幅広い形式とフレームレートがサポートされるようになりました。
・オプションキーを押しながらオブジェクトをドラッグしてコピーできます。
・再設計されたイメージピッカーの新しいズーム機能と検索機能を使用して、写真やビデオを簡単に見つけることができます。「iOS 14」または「iPadOS 14」が必要です。
・さまざまな新しい編集可能な図形でプレゼンテーションを強化します。

〇Numbers

・「ApplePencil」を使って手書きで手書き入力すると、単語が自動的にテキストに変換されます。‌iPadOS 14‌が必要です。
・フォームの作成とカスタマイズが簡単になりました。任意のテーブルにフォームを追加するか、新しい基本フォームテンプレートを使用します。
・大きなテーブルを操作するときのパフォーマンスが向上しました。
・再設計されたイメージピッカーの新しいズーム機能と検索機能を使用して、写真やビデオを簡単に見つけることができます。「iOS 14」または「iPadOS 14」が必要です。
・さまざまな新しい編集可能な形状でスプレッドシートを強化します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です