Amazon、Kindle ファームウェア 5.13.1 配信開始。子供向けの「Amazon FreeTime」機能の拡充、PageFlip機能の強化など大幅な新機能を追加したバージョン

Kindle Oasis

Kindle Oasis


ほぼ2ヶ月半ぶりのアップデートです。
2020年6月付になっています。

リリース:
Amazon FreeTimeの新機能:
Amazon FreeTimeに、新しいデザイン、検索機能の強化、本の詳細、Audibleへの対応などの新機能が追加されました。Amazon FreeTime Unlimitedに登録すると(対応する地域のみ)、このサービスに含まれる電子書籍とAudibleタイトルの中から、お子様の年齢にあったおすすめの作品が表示されます。このサービスに登録するには、メニューで「Amazon FreeTime」を選択してください。

検索:
これから数週間のうちに、検索結果の間を今読んでいるページを見失うことなく簡単に移動できるようになります。この機能を使うには、本の中で語句を検索して、検索結果をタップしてください。

ダークモード:
ダークモードへの切り替えがクイック操作メニューで簡単にできるようになりました。

Page Flip機能の強化:
これから数週間のうちに、Page Flip機能での特定のページへの移動がさらに簡単になります。最近読んだページ(他のデバイスで一番読み進めたページを含む)が進捗バーにドットで表示されます。この機能を使うには、本を開いた状態で画面の一番上をタップして読書ナビゲーションツールバーを開き、画面の一番下に表示される左「Page Flip」アイコン(単一ページ表示)をタップします。

パフォーマンスの改善、バグ修正、その他の機能強化。

ダウンロード:
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=GKMQC26VQQMM8XSW

アップデートは第8世代以降、という方向のようです。
1年以上の買い替えサイクルがあるので、活字を読む方は最新版を安い時に買ってしまえばいいと思います。

現場からは以上です。





カテゴリー: Amazon, Kindle, アップデート, ガジェット関連, 電子書籍 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です