【不具合解消済み】Twitter for Android「Twitterアプリ」 が2020年1月22日のアップデートからクラッシュし続ける場合の対処方法

twitterアイコン

twitterアイコン


Twitter for Android ですが、まぁこれは修正アップデート来るよねレベルに全部のAndroid端末で現状だとクラッシュが起こっている状況です。
これを簡単に直せる方法がありましたのでご紹介です。

アプリのバージョンは「8.28.0-release.00」で、これに更新すると100%発生します。
【追記】2020年1月22日午後2時前後に「8.28.1-release.00」が配信され、不具合は解消されています。

・データ・キャッシュのクリア
このキャッシュはアプリケーションデータとユーザーデータキャッシュの両方に対して行うほうが好ましいです。(アプリケーションデータ消去だけで普通はOKです)
特にアプリケーション側のデータを削除する際、データが全て消えますと言われますが、3台に対してそれぞれAndroid 8.1、9、10 のデバイスで実施したのですが、全く消えませんでした。
仕組み的には前からの引継ぎデータのマイグレーションができていないTwitter側のミスだと思いますので、キャッシュ消去がわからない、という方はアップデートをお待ちください。

・アプリケーションの再インストール
これは試していないのですが、本体データ削除のほうが簡単なのであえてやる必要はないかと思います。
再インストールでも当然データは削除されるので、これも対策の一つです。

2つあるデータとキャッシュを両方とも消すことで通常に使えるようになります。
設定から、アプリと通知→Twitterを選択し、キャッシュ2か所を消去のボタンがあるので実行するだけです。
本来はデータのみ削除でいけますが、念のためどちらも削除しておけば失敗がありません。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です