国内版「BlackShark 2 (SKW-H0_JP)」に対して2019年10月5日セキュリティパッチ付きビルド「SKYW1911010OS00MP5」配信開始。前回ビルド「SKYW1909192OS00MP4」のdocomo系SIM通信不良問題を解決しセキュリティパッチを更新した国内向けカスタマイズ済みROM

BlackShark_2

BlackShark_2


前回、10月29日のお昼頃に配信された国内版ROMについては、初回出荷向けROMで起こっていたdocomo系SIMでの動作不良、通信不具合が再び発生していたため、いったん配信停止となっていました。
11月13日の正午より、代理店のKAZUNAよりアップデータ配信再開の案内が出ております。

リリース(PDF):
https://kazuna.co.jp/news/pdf/bs2_191110.pdf

アップデート開始のお知らせ(PDF):
https://kazuna.co.jp/news/pdf/bs2_191113.pdf

Black Shark 2特設ページ:
https://kazuna.co.jp/blackshark2/

OTA更新容量:214.9MB(10月29日版ROMからの差分容量)

■新しいソフトウェアの提供時期
2019 年 11 月 13 日(水)正午より順次配信開始

■アップデータ対象商品
Black Shark2 JAPAN モデル(12GB+256GB)
Black Shark2 JAPAN モデル(6GB+128GB)

■アップデート内容
1. Google のセキュリティパッチを 2019-10-05 に更新しました。
2. GameDock を 4.0 に更新し、新しい機能「Shark Time」(最大 30 秒まで遡ってスクリ
ーン動 画を撮影できる機能)を追加しました。
3. 対応言語にアラビア語とリトアニア語を追加しました。
4. ホーム画面を下にスワイプして通知、クイックパネルを表示できるようになりました。
5. ホーム画面の通知をロック画面でスワイプ消去できるようになりました。
6. Google Wellbeing を追加しました。
7. 端末のテーマが無効になる問題を改善しました。
8. 指紋ロック解除後に急に画面が明るくなる問題を改善しました。
9. デフォルトのタイムゾーンの変更が反映されない問題を改善しました。
10. ゲームパットを接続後にスライドして GameDock を表示できない問題を改善しまし
た。
11. USB デバッグを OFF にできない問題を改善しました。
12. カメラのちらつき防止機能を最適化しました。
13. システムの安定性とパフォーマンスを最適化しました。
14. スタンバイ時の電力消費を最適化しました。
15. GameDock の着信 OFF(NoInCall)の互換性を最適化し、いくつかの主要な SNS アプ
リに対 応させました。
16. メモリ管理を最適化し、アプリの動作が低下し反応しなくなる問題を改善しました。
17. 指紋ロック解除のスピードを最適化しました。
18. 顔認証ロック解除(FaceUnlock)の電力消費を最適化しました。
19. ゲームパッド利用時の安定性を最適化しました。
20. いくつかのメニュー表示の翻訳を改善しました。
21:Youtube 再生時、画面の一部が白くなる問題を改善。
22. 10 月 29 日に提供をしたソフトウェアバージョン「SKYW19091920S00MP4」にアップ
デートした際に発生した一部ネットワーク(NTT Docomo 系通信)において通信が途切れ
るという障害が発生していましたが、その不具合を改善しました。

コメント:
1.個人データには、システム更新による影響がありません。
2.システム更新をダウンロードする時、モバイルデータ費用がかかることがあります。

ほとんどが前回の修正内容と同じですが、セキュリティパッチとdocomo系SIMでの通信不良を修正したバージョンになっています。

注意点:
バージョンアップ後の修正項目表示が10月29日版と同じ内容になっています。
(セキュリティパッチが8月5日表記だったりdocomo系SIMの件が書かれていない)
パッチはきちんと10月5日付になってベースバンドも修正されているのでご安心ください。

Androidセキュリティパッチレベル:
2019年10月5日

ベースバンドバージョン:
150_GEN_PACK-1.210856.3.211589.2,150_GEN_PACK-1.210856.3.211589.2

カーネルバージョン:
4.14.83-pref+ #2 Fri Nov 1 17:51:04 CST 2019

個人的なアップデート後に気付いた全体的な改善点:
・タッチパネルのタップとフリックの誤判定が9割以上なくなった
・ドコモ系SIMでなくてもモバイル通信のレスポンスがよくなった
・翻訳が前回のアップデートより進み、ほぼ全て完全な日本語になった
・Antutuベンチでv8.0.3Bだと42万5千点ほどのスコアだった
・全体的なレスポンスの向上と安定性があがった

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, docomo, Google, アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です