Apple、macOS 10.15 「Catalina」正式版AppStore配信開始。ダークモードやSidecarなど新機能が目白押しのメジャーアップデートで、Safari 13.0.2、GarageBand、iMovie、Xcode 11.1を含みます

macOS 10.15 Catalina

macOS 10.15 Catalina


先日GMが来ていたのでとうとう配信開始となりました。
容量がばかみたいに大きいので、時間があるときにやりましょう。

・macOS 10.15

OTA容量:8.09GB

ビルド番号:19A583

リリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210634

主な変更点:
●iTunesが「Music」「TV」「Podcast」の3アプリへ分割
●iPadをサブディスプレイ化する「Sidecar」機能を追加
●ゲーム定額サービスApple Arcadeを実装
●iPhoneのバックアップがFinderでのバックアップへ変更

少し触ってみましたが、安定性も問題無くディスプレイの遷移も以前のバージョンよりかなりスムーズで好印象です。

・Safari 13.0.2

OTA容量:68.9MB

詳細:
Safari 13.0.2アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

• スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
• タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応
• “システム環境設定”の“インターネットアカウント”でGoogleにサインインできない問題を修正

リリース(英語):
https://support.apple.com/en-us/HT201222

そのほかの純正アプリアップデートはOSアップデートに準拠しています。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, PC, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です