Apple、予告通り iOS 13.0、watchOS 6.0 をまずOTA配信開始。Safari 13.0 も配信中だが iPadOS や macOS 10.15 はずらして配信する模様

iOS13

iOS13


予告通り、現地時間9月20日に表題の件が配信開始されました。
まだリリースに詳細が掲載されていませんが、全デバイスでなくiPhone周りのみのアップデートがまず配信開始です。
macOS 10.15 や tvOS 13.0、iPadOS 13.0 については9月30日のリリースを予定しています。
また、同時に iOS 13.1 も9月30日に配信開始の予定となっています。

・iOS 13.0

リリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210606

OTAサイズ:1.7〜2.38GB(機種依存)

アップデート時間:約30〜40分(機種依存)

ビルド番号:17A577

キャリア設定ソフトウェア:37.0

対応機種:
iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPod touch(第7世代)

詳細:
黒を基調にした「ダークモード」に対応
新しい写真アプリ、ポートレートライティングに新エフェクト追加
Apple IDだけで他社サービスにログイン可能
360度見回せる新しいマップ
グループ分けできる新しいリマインダー
名前と写真を共有できるようになったメッセージアプリ
2画面分割表示も可能になったCarPlay
アプリの起動やFace IDの認識速度が向上

その他のアップデート:
100を超えるゲームタイトルが広告や追加料金なしで楽しめるサブスクリプションサービス「Apple Arcade」
iPhoneでのゲームプレイ時に、PlayStation 4のコントローラーが利用可能
充電の習慣を機械学習し、必要がない限りは80%を超えて充電を完了しないようにする
ビジネスチャットの提案
カレンダーでイベントに添付ファイルを追加できる
公共交通機関の利用中は「運転中の通知を停止」がオフのままになる
ファイルアプリでも外付けUSBドライブやSDカードなどの情報を確認可能
ZIP形式の圧縮と解凍も可能
月経や妊娠可能期間の予測が可能
WPA3 Wi-Fiに対応

・watchOS 6.0

リリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210607

OTAサイズ:500〜713MB(機種依存)

アップデート時間:1時間前後(機種依存)

ビルド番号:17R575

通信事業者:9.0

対応機種:
AppleWatch Series 1以降のすべてのデバイス
今回のアップデートではSeries 3以降のデバイスが対応し、9月30日以降にSeries1、2がアップデート予定です。

詳細:
iOS 13以上のデバイスが対応
新しい文字盤が追加
新しいコンプリケーションも利用可能
手首を見るだけでこれまで以上に様々な情報が確認できるように
Apple Watchから直接アクセスできる専用のApp Store
オーディオブック、ボイスメモ、電卓アプリの提供
Siri機能の強化

健康関連機能:
騒音レベル検知機能や生理周期管理機能

・Safari 13.0

OTAサイズ:68MB

リリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210608

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPhone, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です