Microsoft、Windows 10 バージョン1903向けに8月31日付累積バグ修正パッチ配信開始。.NETの更新もあり

Windows10

Windows10


今回はOSのアップデータ部分にはバグ修正のみでセキュリティパッチは含んでいません。
お盆明けに配信のあった1809より前のバージョンに対するパッチとは性格が少しだけ異なります。
例のVBやVBAなどOffice系ソフトでマクロが使えなくなるバグは同様に修正されています。

バージョン1903リリース(英語):
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4512941/windows-10-update-kb4512941

.NETリリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4511555/august-30-2019-kb4511555

更新内容を見てみると、だいぶ初歩的なバグがあったりするのでもう少し検証してほしいところです。

現場からは以上です。





カテゴリー: BootCamp, Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です