Google Chrome 76.0.3809.132 OTA配信開始。危険度「高」を1つ含む合計3つの脆弱性の修正と細かいバグに対応したマイナーアップデート

GoogleChrome

GoogleChrome


Chromeはいつも仕事が早くていいんですがメモリ消費量は相変わらずです。
Webkit周りの脆弱性への対応と細かなバグのブラッシュアップが行われました。
通常、自動更新でユーザーは何もする必要がありませんが、今回は危険度が高いもののため、手動での更新もあわせて推奨します。

リリース(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2019/08/stable-channel-update-for-desktop_26.html

Chromiumイシュートラッカー(英語):
https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/list

スマートフォン版にはまだ反映されていませんが、順次配信される見込みです。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です