Microsoft、Windows 10 バージョン 1903 限定の機能修正アップデート「KB4504903」をWindowsUpdateより配信開始。階調表現のバグ等を修正したがセキュリティ修正は無し

Windows10

Windows10


毎月2回、律儀に守ろうとしてかなり危うい状況ですが、以前1803向けのアップデータも配信されましたのでセーフというところでしょうか。

リリース(英語):
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4505903/windows-10-update-kb4505903

ハイライト:
・デバイスの再起動後にWindows Helloの顔認識が機能しなくなる問題を更新しました。
・Microsoft Edgeで、横向きおよび縦向きのページを含むPDF文書を正しく印刷できるようにします。
・Microsoft Edgeが正しく1回だけ開くように構成されているPDFを開くことを許可します。
・10ビットディスプレイパネルで画像を表示するときに色が正しく表示されない場合があるという問題を更新します。
・デバイスがスリープまたは休止状態から再開した後にディスプレイの明るさを変更できないという問題が更新されています。
・Bluetoothに依存する一部のアプリケーションが開いているときにデバイスがスリープモードに移行できない問題を更新しました。
・特定のオーディオプロファイルを長期間使用しているときのBluetoothオーディオ品質を向上させます。
・Window-Eyesスクリーンリーダーアプリケーションとの互換性を改善しました。
・新規ユーザーがWindowsにサインインしたときに[スタート]メニューが正しく機能するようにします。
・メニューを簡素化し、Microsoft Whiteboardアプリとの直接統合を追加して、より豊富なコラボレーションエクスペリエンスを実現することで、Windows Ink Workspaceを更新します。

例の階調表現がうまくいかなくなるバグの修正が入っています。
改善点も多いので、詳しくはリリースを見ましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です