グローバル版「BlackShark2」に対して先日国内版に配信されたビルド「SKYW1907110OS00MP3」が差分OTAで配信中。中身は国内版の最新アップデータとほぼ同様

BlackShark_2

BlackShark_2


国内版を最優先国にした、という言葉は嘘ではなかったようです。
今回は7月初旬にアップデータを受けたグローバル版の修正パッチとなっています。
国内版には既に適用済みです。

ビルド番号:SKYW1907110OS00MP3

OTA容量:88.8MB

詳細:
・システムの安定性を向上させました。
・いくつかの地域で発生していたデータ通信の遮断問題を解決しました。

グローバル版のサイトでもアナウンスがありましたが、次回以降のアップデートはグローバル版含め全て同一のビルド番号になる予定とのことです。
日本が今後も最速でのアップデート対象国となるか、はたまたFREETELと同じ運命になるか、見物です。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です