Google Chrome 75.0.3770.142 配信開始。2件の脆弱性への対応やマイナーなバグフィックス等のアップデート

GoogleChrome

GoogleChrome


今回は危険度「高」及び「中」の2つの脆弱性に対応したのがメインです。
ブラウザのクラッシュを引き起こすJavaScriptエンジンの脆弱性です。
尚、既にAndroid向けには同じバージョンのアプリ更新が走っています。

リリース(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2019/07/stable-channel-update-for-desktop.html

自動アップデートが入るため、通常は何もしなくても大丈夫です。
今回は脆弱性が公になっているので、早めの手動アップデートも一つの手かと思います。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です