Sixapart、Movable Type 6.5 / 6.3.9 / 7 r4601 / Premium 1.2 アップデート配信開始。6.3系のサポート終了告知と6.5系の延長サポート、脆弱性対応等

MovableType

MovableType


水曜日に告知が出ていたのを見過ごしていました。
企業系で利用頻度の高い基本的に静的HTML生成を行うCMS、MovableTypeの最新版が登場です。
6.3系は恐らくこれが最後のセキュリティパッチとなりそうです。
今後は7系か6.5系がメインストリームになるようです。
ひとまず6.3.9は既存の6.3環境に上書き対応ができますが、6.5は試していないので、必ずテスト環境で実行するようにしましょう。

全体リリース:
https://www.sixapart.jp/movabletype/news/2019/04/17-1100.html

詳細:
Movable Type 7 r.4601 について
Movable Type 7 r.4601 は、以下においてリリースされています。

ソフトウェア版(Movable Type / Movable Type Advanced)/クラウド版/AMI版(MT for AWS)

新機能・改善された機能:
PHP 7.1 / 7.2 / 7.3 に対応
長らく PHP 7.0 系のサポートで止まっておりましたが、7.3系までの対応と検証をしました。ダイナミック・パブリッシングで PHP 7.1 / 7.2 / 7.3 が利用できます。

サーバー配信
サーバー配信設定が削除されたときにレコードが残る問題を修正しました。

新しいテンプレートタグ
MTContentDataSearchScript
コンテンツデータ検索用 CGI スクリプトのファイル名を表示します。MTCGIPath タグと組み合わせることで、スクリプトにアクセスする URL を生成できます。

Data API
createContentData エンドポイントを呼び出すとき、publish パラメータに 0 を指定することで再構築を行わずにコンテンツデータを登録できるようになりました。大量にデータを登録する際の処理速度が向上します。

主に上記のほか、いくつかの機能を改善・修正し、クラウド版では、OpenSSL ライブラリ、ImageMagick、Apache 版における httpd サーバーソフトウェアのアップデートなども行なっています。詳細は Movable Type 7 r.4601 リリースノートをご確認ください。

Movable Type 7 r.4601 リリースノート
https://www.movabletype.jp/release-notes/70/r4601.html

Movable Type Premium / Movable Type Premium (Advanced Edition) 1.2 について
Movable Type Premium / Movable Type Premium (Advanced Edition) は、今回リリースされた Movable Type 7 r.4601 の変更に加えて、以下の修正が行われています。

修正された問題
SiteSync が無効になったとき、SitemapNavigator ウィジェットでエラーが発生する問題を解決しました
ReplaceableVersion を無効にしたとき、SiteValidator ウィジェットも併せて非表示になる問題を解決しました。

記事編集画面のサーバー応答が20秒を超えるとき、GetLock が動作しなくなる問題を解決しました

Movable Type Premium 1.2 / Movable Type Premium Advanced 1.2 リリースノート
https://www.movabletype.jp/release-notes/mtp/1.2.html

なお Movable Type Premium では、5月に、WCAG(Web Content Accessibility Guidelines)準拠のアクセシビリティチェッカーや、フォルダ・ファイル格納されたZIPアップロードによる一括登録などの機能を搭載した新バージョンのリリースを予定しています。

Movable Type 6.3.9 について
Movable Type 6.3.8 で発見されたセキュリティ問題を解決しています。

ソフトウェア版(Movable Type / Movable Type Advanced)

修正された問題
テンプレート編集画面において、パラメータのエスケープが適切に行われない問題を解決しました

Movable Type 6.3.9 リリースノート:
https://www.movabletype.jp/release-notes/639.html

Movable Type 6.5 について
これまでに発見、報告された多くの問題を解消しています。また、セキュリティ上の問題についても解決しています。Movable Type 6.5 は、以下においてリリースされています。

ソフトウェア版(Movable Type / Movable Type Advanced)/クラウド版/AMI版(MT for AWS)
Movable Type 6.3 系は、2019年5月16日に EOM(End of Maintenance)となりメンテナンスが終了しますが 、Movable Type 6.5 は、クラウド版で Movable Type 6 をご利用いただくのと同様に EOM / EOL が 2022年5月16日 まで延長されます。

Movable Type 6.5 では多数の修正が行われていますので、リリースノートをご確認ください。

Movable Type 6.5 リリースノート
https://www.movabletype.jp/release-notes/65.html

Movable Type の製品ライフサイクルについては、プロダクト・ライフサイクルポリシーをご覧ください。
https://www.movabletype.jp/life_cycle_policy.html

現場からは以上です。





カテゴリー: CMS, アップデート, パソコン関連, レンタルサーバ タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です