Adobe、今月2回目のAcrobat DC/Reader 向けアップデータ配信開始。前回の修正をバイパスされる恐れのある脆弱性で危険度は「Critical」

Adobe_Acrobat

Adobe_Acrobat


前回の修正が迂回されて悪用される問題があり、その修正です。
パッチ自体も小さく、すぐに終わるため確実にやっておきましょう。
危険度「致命的」です。

セキュリティ情報(英語):
https://helpx.adobe.com/security/products/acrobat/apsb19-13.html

スペックが低めのノートPCでも数分で終わりましたので、確実にパッチを当てておくことをおすすめします。

現場からは以上です。





カテゴリー: Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です