国内版ZenFone 5Z「ZS620KL」にAndroid 9.0 を待ちきれないので国際版公式ROM「WW-90.10.138.181」で無理やりアップデートした結果

Zenfone 5Z

Zenfone 5Z


すでにかなりの部分でJP版の用意が出来ていました。
(ただし、一部動作で若干不安定な部分があり、動作に支障はありませんが正式版を待つのも手です)
技適の画面もプラスエリアへの対応も完了しており、現時点で特に問題らしい問題は出ていません。
おそらくですが、今週中にはOTA正式版が降ってくるものと思われます。
1ヶ月待っても来ませんので、今月末頃でしょうか…。

***完全に自己責任ですので、以下を行ってデータが消去されても当方は一切の責任を負えません***

やり方:
1:以下より公式ROMをダウンロード
https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-5Z-ZS620KL/HelpDesk_BIOS/
現時点で2019年2月22日付の国際版ROMがありますので、これを使います。
2月14日付けのROMを焼いてしまっても、ファイルの名称を書き換えてアップデートが可能です。

2:ダウンロードしたファイルの名称を書き換え
UL-Z01R-JP-90.10.138.181-user.zipへWW部分を書き換えます。
2月14日付けのROMを焼いてしまっても、2月22日付けROM名称を少し弄るだけでアップデートが走ります。
例:UL-Z01R-JP-90.10.138.182-user.zip

3:本体ROMかmicroSD直下にコピー
上記のリネーム済みファイルを「zipファイルのまま」本体ROMかmicroSD直下にコピーします。
フォルダに入れたりすると認識しないので、一番上の階層にコピーしましょう。
ただし、おすすめは本体ROMへのコピーです。microSDからやろうとするとアップデートがうまく終了しないことがあります。

4:再起動
3が完了したら、普通に電源ボタンを押して再起動します。

5:起動後の通知欄に!マークがあるか確認し実行
起動してきた通知バーの左上部分に!の三角マークが出るので、通知欄を伸ばして確認します。
「アップデートマネージャ」が、アップデートがあります、と表示されているので、タップし実行します。

6:終了するまで待つ
5のアップデート処理が完了するまで待ちます。
30分経っても終わらない場合、普通に再起動してしまえば起動時に更新が走ることもあります。
起動中に以下の画面が出るはずです。
ZenFone
・・・・
上記表示がしばらく続く場合、アップデート処理が走っているので一切電源などを触らないでください。
終了すると、通常起動しアップデートはそこで完了です。
起動直後はアップデート処理中です、とアプリ最適化が走りますのでしばらく待ちましょう。

7:各種確認

Androidバージョン:
9

ソフトウェア情報:
JP-ZS620KL_90.10.138.181_20190202

Androidセキュリティパッチレベル:
2019年1月5日

ベースバンドバージョン:
M3.15.35.23-Draco_000621

カーネルバージョン:
4.9.112-perf+builder845@builder845 #1 Sat Feb 2 10:26:44 CST 2019

ビルド番号:
PPR1.180610.009.WW_user_90.10.138.181_20190202release-keys

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です