Microsoft、2月5日付 Office 2010、2013、2016のパッチを提供開始。新元号への対応やバグ修正等のマイナーアップデート

Office2010ロゴ

Office2010ロゴ


唐突に定例外アップデートとしてOfficeの更新プログラムがリリースされました。
Windows 10向けには順次配信となっているようで、環境によってアップデータが配信されていない場合もあるようです。

●Office 2010:
Microsoft Office 2010 の更新プログラム(KB4462172)
Microsoft Office 2010 の更新プログラム(KB4462187)
Microsoft Outlook 2010 の更新プログラム(KB4462182)
Microsoft Visio 2010 の更新プログラム(KB3115314)

●Office 2013
Microsoft Access 2013 の更新プログラム(KB4032252)
Microsoft Office 2013 の更新プログラム(KB4461550)
Microsoft Office 2013 の更新プログラム(KB4461444)
Microsoft Outlook 2013 の更新プログラム(KB4462141)
Microsoft Office 2013 の更新プログラム(KB3172473)
Skype for Business 2015 の更新プログラム(KB4462135)

●Office 2016
Microsoft Access 2016 の更新プログラム(KB4032257)
Microsoft Office 2016 日本語パック (KB4461534)
Skype for Business 2016 の更新プログラム(KB4462114)
Microsoft Office 2016 の更新プログラム(KB4461536)
Microsoft Outlook 2016 の更新プログラム(KB4462147)
Microsoft PowerPoint 2016 の更新プログラム(KB4461599)
Microsoft Project 2016 の更新プログラム(KB4462134)
Microsoft Office 2016 の更新プログラム(KB4022161)
Microsoft Word 2016 の更新プログラム(KB4462145)

KB番号で検索して単体ダウンロードもありかと思いますが、いずれOTAで降ってくるものと思われます。
Office 2010 はとうとう来年でサポート終了ですし、アップデートしておくに越したことはないでしょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です