docomo版 Google Pixel 3 XL を購入しすぐSIMロック解除して1日使ってみた感想

Pixel3

Pixel3


早速ですが、昨日キャリア版のPixel 3 XL を一括で購入し即日SIMロック解除をして環境を復元し操作感やゲームの動作状況も確認してみましたのでご報告します。純正付属品のレビューもしています。

・SIMロック解除
これが非常に特徴的なのですが、Androidだと他社SIMを入れて解除コードを入力する必要があったのですが、iPhoneと同様、PixelのみではありますがSIMロック解除の指示をWEBでするだけでオンラインで解除コードが送信され、PixelにSIMロックが解除されました、とお知らせが出て終わります。
そのため、他社SIMカードは必要ありません。

・カメラ
正直、現状でもiPhone XSシリーズに迫る画質を提供してくれます。
このあたりはシングルカメラではありますが、機械学習とディープラーニングの力なのではないでしょうか。
撮影後に画像を見る際、少しラグがあるのは補正をかけているものと思われます。
ポートレートだと2秒ほど待たされます。ただiPhoneと異なるのは、前ボケも後ろボケもちゃんと再現されて非常にキレイに仕上がることです。
ポートレート機能についてはPixel3の勝利ではないでしょうか。
今後、Night Sightという夜景を明るくするアプリが搭載されますので、よりカメラ機能は強くなっていくものと思われます。
もはやセンサーがある程度のものであれば、AIの力で補正してしまう時代になった実感があります。
もう、大きなレンズを担いで行くのはナンセンスと言われるようになっていくのかもしれません。

・初期ROM
9.0.0 (PD1A.180720.030, Sep 2018)
GoogleのFactory Imageに、同じビルド番号のデータが置いてあります。
おそらく来週明けにアップデートされ、11月5日バージョンになるものと思われます。
キャリア版でもGoogle主導でのアップデート提供となる予感です。

・Androidセキュリティレベル
2018年9月5日(初期ROM)

・充電/バッテリー
初日のためやや最適化等が入り消費は激しいイメージです。
容量はシステムモニタアプリ読みで3450mAhとなっており、充分過ぎるレベルです。
ただ、iPhoneと同様100%まで行くと充電を停止しトリクル充電すらしないので挿しっぱなしよりStandを別売りで買った方が色々といいかもしれません。
現時点ではバッテリーだけの評価ができません。

・付属品
カナル型USB-Cイヤホン、USB-C/A変換アダプタ、USB-C充電用ケーブル、USB-C/3.5mmイヤホンジャック変換ケーブル、18WQC3対応USB充電器、SIMピン、クイックスタートガイド
包装は簡易的ですが、付属品は豪華です。

・本体について
当方はJust Blackを選んだのですが、質感はほとんどiPhone 7の時のジェットブラックと同じです。
13万円という価格に見合うだけの質感はしており、所有欲を満たしてくれることは間違いありません。
また、画面についても非常にキレイな有機ELを搭載しており、iPhoneの最新機種と遜色ありません。

・Felica/防水について
Edy、Suica、nanacoはほぼ全ての機能が対応しています。
防水は使ってみた範囲ではなんら問題ないので、通常の利用で水没することはないものと思われます。

・SIMカード挿入位置
今までで一番おかしなところがここで、なんと本体下から挿入するようになっています。
落とした時一番外れるような気がするのですが、SIMカードトレイにガードが付いているのも一つ不思議な点ではあります。
下についているため、ケースを付けていてもアクセスはしやすいですが、落下時の衝撃でどうなるかは若干不安です。

・ボタンの感触等
電源ボタンと音量ボタンは質感が変わっていて、ちゃんと触ればわかるようになっています。
ただ、あまり電源は意識しないため、それほどボタンは重要ではないかと思います。

・通話品質
他の機種と比較しても大差はありません。
先日、Googleサポートとも電話しましたが、遅延等もなくクリアな音質で満足です。

・通信速度
通勤時、行き帰りで使いましたが、Xperia XZ2と遜色ありませんでした。
山手線圏内でも4G表記と4G+表記を頻繁に行き来するのは若干気になりますが、速度に大きな影響はありません。
都内では現時点で圏外や3G落ちなどは一切ありません。そもそも圏外になったところを見たことがありません。

・UI/UX、アプリ等について
ホームボタンはありますが、戻る、履歴等のボタンがなくなり、iPhoneライクな操作感になりました。
動作もヌルヌルで、特に困る事はありません。
有機ELのためアンビエントフローのような常時表示も可能ですが、持ち上げると画面が点灯するためオフにしていいと思います。
ドコモ版はMy docomoやnanacoなど5個程度がプリインストールされますが、全部アンインストールが可能ですのでSIMフリーと特に変わりはありません。
spモードメール等、ドコモ純正アプリの半数は使えないので、キャリアメールが必要な方は無理です。
Googleランチャーも新規にPixel専用となったようで、非常に使いやすいです。
アイコンは全て丸形になり、フォルダも同じ丸形でフォルダ内アプリの表示が少し変わっていて面白いです。

・ゲームアプリ動作状況
ほとんどのアプリケーションで動作におかしな点はありませんでした。
現時点で非対応のほうが少ないレベルです。(但し100%動作するかは未確定)
ポケモンGO、Ingressなどの純正品に近いアプリは当然ですが、その他のデレステなどもタップまで試しましたが動作に全く支障はありませんでした。夏モデルですら非対応機種があるというのにこれは素晴らしいです。
インストールボタンが出ていないアプリがほぼありませんでしたので、その点は心配ないかと思われます。

・ドコモサービス系
docomo WiFi、IMAP経由でのドコモキャリアメール、かんたん決済のみ使えます。
00001docomoのSSIDがあれば、タップし詳細設定からAKA’に設定し保存すれば勝手に以降繋がるようになります。
それ以外のdocomo WiFiには対応していません。
キャリアメールの設定方法はIMAPでのフェッチのみでプッシュには非対応となります。
今後のアプリ側の対応待ちです。

・Pixel Standについて
ワイヤレス充電規格「Qi」対応の純正充電スタンドです。
18WのUSB-C型ACアダプタと1.5mほどと本体より長めのUSB-C to Cケーブルが付属します。
XperiaやiPhone XS等も問題無く充電できますが、原則Pixel3以外の端末では5W、Pixel3 /XLだと10W出力の急速充電が行えます。
それ以外にも、写真のスライドショー(フォトフレームと同様)、簡単な受け答えや目覚まし用のタイマー前に徐々に明るくなるモードなどがスタンドに立てかけた状態から右上の設定アイコンをタップして色々といじくれます。
Pixel Standにそれぞれ名前を付けられるのも、複数買う場合には役立ちます。
Google Home mini的な役割をしてくれる、といっても差し支えないと思います。
ケースの厚みによる充電可否ですが、純正はもちろん、GRAMASなどのMade for Google認証があるものは全て問題ありません。
手帳型は厳しいかもしれませんが、普通の厚みであれば難なく充電が可能です。
Pixel 3 XLだとスタンドに立てたまま裏面から指紋認証が可能です。Pixel 3では高さが足りません。

・総合評価
予想以上の出来で、ソフト面だけでいえばiPhone XSよりPixel3のほうが勝利していると思われます。
処理速度はAppleの圧勝ですが、ハードの完成度は遜色ありません。ハードウェア性能が頭打ちな今、最適解を出してきた印象を受けました。特にカメラが1個なのに凄いキレイでビックリします。
ずっとAndroidを使ってきた方なら、間違い無く外れません。買おう!!13まんえん!!

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, docomo, Google, ガジェット関連 タグ: , , , , , , , パーマリンク

docomo版 Google Pixel 3 XL を購入しすぐSIMロック解除して1日使ってみた感想 への1件のフィードバック

  1. きよ のコメント:

    詳細な情報ありがとうございました!大変ためになりました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です