Google Chrome 68.0.3440.106 配信開始。バグ修正のみのマイナーアップデート(お盆なので確実に)

GoogleChrome

GoogleChrome


バグ修正のパッチですが、お盆前ですので脆弱性に繋がる可能性がゼロでもなく、まずはパッチを適用しておきましょう。
通常であれば自動でパッチが当たりますが、手動環境(UNIX系で権限を付与していない場合)の場合は対処が必要になってきます。

Chrome Rleases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2018/08/stable-channel-update-for-desktop.html

現場からは以上です。





カテゴリー: Google, Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です