Apple、iOS 11.4.1、watchOS 4.3.2、tvOS 11.4.1、macOS 10.13.6、iTuns 12.8.0.150 のOTA配信を開始。主にバグ修正・セキュリティ関連のみ

さて、やって参りました予想通りのアップデートですが、主な修正点は脆弱性の修正です。
新機能はUSB制限モード(iOSのみ)ぐらいしかありません。
macOSはバージョン番号を上げた理由が不明です。バグ残りまくりです。

・iOS 11.4.1
iOS 11.4には、複数の部屋でオーディオ再生ができるAirPlay 2、HomePodのステレオペア対応、およびiCloudにメッセージを保管する機能が導入されました。このアップデートにはバグの修正および改善も含まれます。

AirPlay 2
家全体のホームオーディオシステムおよびAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
家にある複数のAirPlay 2に対応したスピーカーと同期して音楽を同時に再生可能
コントロールセンター、ロック画面、またはiPhone/iPad上のApp内のAirPlayコントロールからAirPlay 2に対応したスピーカーを操作可能
iPhone、iPad、HomePod、またはApple TVからSiriを使ってAirPlay 2に対応したスピーカーを音声で操作可能
AirPlay 2に対応したスピーカーでの再生を妨げることなく、iPhoneまたはiPadで電話に出たりゲームをすることが可能

HomePodステレオペア
iPhoneまたはiPadを使用してHomePodのステレオペアを設定することに対応
HomePodステレオペアは自動的に部屋の設置場所を検知しサウンドを場所に応じて自動調整
先進のビームフォーミング機能により、既存のステレオペアよりもさらに臨場感のある音響ステージを提供
HomePodはステレオペアに対応するように自動的にアップデート(“ホーム” Appで自動アップデートが無効にされていない限り)

iCloudにメッセージを保管
メッセージ、写真、およびその他の添付ファイルをiCloudに保管し、デバイスの空き容量を増やすことが可能
新規デバイスに同じiMessageアカウントでサインインすれば今までのメッセージを新規デバイスですべて見ることが可能
メッセージやチャットを削除すると、どのデバイスからも同時に削除
この機能をオンにするには、iCloud設定で“メッセージ”を有効にします(“設定”>[あなたの名前]>iCloud)
今までと同じように、チャットはエンドツーエンドで暗号化

その他の改善および修正
教師が“スクールワーク” Appを使用して生徒にiBooksで読書アクティビティを割り当てることが可能
特定の文字列が“メッセージ”をクラッシュさせる問題を修正
“メッセージ”で一部のメッセージの順序がばらばらに表示される問題に対処
Google Drive、Googleドキュメント、およびGmailにSafariからログイン/アクセスができない問題に対応
“ヘルスケア”でデータが同期できない問題を修正
ヘルスケアデータにアクセス可能なAppを変更できない問題を修正
ホーム画面でAppが正しくない位置に表示される問題を解決
CarPlayオーディオの音が歪む問題を修正
iPhoneからBluetooth経由で再生しているとき、または車でUSBに接続しているときに、音楽を選択できない問題を修正

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

OTA容量:223MB〜(機種依存)

iTunes容量:2.83GB〜(機種依存)

ビルド番号:15G77

キャリア設定ソフトウェア:32.0~(前回と変更無し)

22個の脆弱性を修正しています。
USB制限モードがとうとう搭載され、デバイスロック1時間経過後にパスコード無しのUSB接続ができないようデフォルトで設定されています。アップデートした方は何もしなくても制限モードになっています。
解除するには、パスコード変更画面のトグルを使いましょう。

・watchOS 4.3.2

このアップデートには、改善およびバグの修正が含まれています。
合計14個の脆弱性を修正してあります。

OTA容量:63MB

ビルド番号:15U70

・tvOS 11.4.1

18個の脆弱性を修正してあります。
それ以外の機能アップデート等は無い模様です。

ビルド番号:15M73

・macOS 10.13.6(Safari 11.1.2 含む)

文字入力が落ちるバグは結局最後まで修正されませんでした。
11個の脆弱性が修正されています。
Safari単体でも16個で、合計27個の脆弱性に対応します。

OTA容量:1.59GB

ビルド番号:15G65

・iTunes 12.8.0.150:

14個の脆弱性が修正されています。主にWebkit起因の共通な脆弱性への対応がメインです。

OTA容量:約270MB

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です