本日はWindowsUpdateの配信日!KB4074588、KB4074594、KB4074598 を各サポートOSへ

Windows10

Windows10


特に新機能があるわけでもないこと、アップデートに成功しさえすれば不具合もあまり無さそうなので面白みはありませんが、アップデート大好き人間としては抜かすわけにはいきません。

リリース:
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/02/14/201802-security-updates/

上の日本語訳された文章にすべて書いてあるので、あえて言及しませんが、Windows 10 は何でこんなに動作が安定しないというか、インターフェースがバラバラなんでしょうか…。

ここからはWindows 10のエラー2件とその解決方法を述べます。

エラー:0x80070643
当方環境でも起きましたので、解決方法を記載しておきます。
2018年2月現在の最新ビルド、1709で配信中のKB4074588ですが、上記エラーコードが出てインストールされないマシンが一部ありました。
これはOS標準のツールでは普通にやっても直らないので、WindowsCatalogから直接単体インストーラをダウンロードして実行し解決しました。
ダウンロードはこちら:
http://www.catalog.update.microsoft.com/Search.aspx?q=KB4074588
(各デバイスごとのアップデータを単独でダウンロードできます)

なんかめんどくさいって人は、以下のMS公式診断ツールをダウンロード、実行するのもありですが、ほぼ解決しません…。
https://aka.ms/wudiag
(サイズ:191KB)

エラー:0x80073715
当方環境で発生した一番のめんどくさいエラーです。
今回のWindowsUpdateパッチは元々おかしい部分があると記載されていますが、修正配信はないです。
MediaCreationTool.exeを使って丸ごと上書きインストール、その後にWindowsUpdateを実行すると解決します。
ただこれは非常にめんどくさいので、簡単に解決できる方法を模索しておりました。
1:KB4056892(1月分パッチ、2個あります)のアンインストールと終了後の再起動
2:PowerShellで Dism.exe /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup の実行(管理者モード)
(環境によってはDismコマンドは30分以上かかります)
3:PowerShellで Dism.exe /online /Cleanup-Image /RestoreHealth の実行(管理者モード)
(このコマンドが60%前後で止まる場合、手動での再起動後に下部KB4058258のスタンドアロンインストーラをインストールした後WindowsUpdateで2月パッチの適用が成功する場合もあります)

Dism.exe

Dism.exe


4:WindowsUpdate でKB4074588(2月パッチ)のインストールと終了後の再起動
(WindowsUpdateカタログからフルインストーラ単品を実行してもOK)
5:ビルド番号が16299.248になっていれば成功
システムファイルチェックにsfc /scannowコマンドを念のため実行しておくのもありですが、改善はされないようです。
ようするに1月分のパッチをアンインストールしてキレイにしてから2月分を当てる作業です。
上記でとりあえずほとんどの環境の方は無事アップデートに成功すると思います。
<KB4058258の1月末アップデートを単独インストール後にWindowsUpdateで成功することもありました>
上記の対応方法が全てダメなら下に記した丸ごとインストーラから上書きする方法しかありません。
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-update/%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E6%B8%88windows-update/f139e22e-5a8a-49c9-bc16-ac4251d83a72

ちなみに、今回のパッチも全て緊急となっているので、なるべく早めに当てましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です