Microsoft、Surface Pro 4 へ2018年1月10日付アップデータ配信中。IntelのCPU脆弱性に対するマイクロコードのアップデータのみ

Microsoft_Surface

Microsoft_Surface


そんなわけで流石はOSメーカー純正デバイス、Intelからのリリースから速攻で配信されていました。
他のSurfaceデバイスに対しても同様に早くからUEFIの更新が入っています。
OS側とハード側で今回の緩和策を含め実施しておけば、まぁ普通の利用法でセキュリティの心配はすぐ脅威にはならないものと思われます。

リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4023489/surface-surface-pro-4-update-history

Microsoftセキュリティアドバイザリ(英語):
https://portal.msrc.microsoft.com/en-us/security-guidance/advisory/ADV180002
(上記リリースにあるセキュリティ情報「180002」について)

更新内容:
Surface – Firmware – 108.1926.769.0
Surface UEFI – Firmware
108.1926.769.0 resolves potential security vulnerabilities, including Microsoft security advisory 180002.

順次配信のため、まだ配信が完了していないデバイスもあるかと思いますが、1週間を過ぎているのでほぼ全デバイスに配信されているものと思われます。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です