docomo、Xperia XZ Premium SO-04J に対して Android 8.0 アップデートを正式配信開始。但し即時アップデートはWiFi環境のみ


今週中に来ないと年内は無理だなと思っていたらまさかの月曜日にいきなり来ました!
アップデート確認後の画面がちょっと昔の汚いホームページみたいな雑さですが、いよいよ新機能の3Dクリエイターや撮影画像の補整等、各種機能をフルに使えます。
すぐに更新するにはWiFi環境が必要ですが、予約機能で時間を気にしなければ4G回線での更新も可能です。

リリース:
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/so04j/20171218.html

WiFi環境での所要時間:
ダウンロード:10分ほど
本体更新:15分程度
合計所要時間:25~40分
再起動回数:2回(ダウンロード後、インストール後)

容量:1.5GBほど

新機能:
4CC CA(4コンポーネントキャリア・キャリアアグリゲーションに対応し圏外や通信速度の改善)
Android 8.0で実装された機能ほぼ全て
カメラ歪み補正(デフォルトでオフ、4K撮影はビデオに統合)
3D撮影機能(3Dクリエーターアプリ使用時、非常に時間がかかるため実用性はあまりない)
aptX HD対応(告知無し、OS自体の新機能)LDACには元々対応
その他バグ・脆弱性修正

Androidセキュリティパッチレベル
2017年11月1日
KRACKsの脆弱性10件中9件に対応済み
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/about03/index.html
CVE-2017-13077, CVE-2017-13078, CVE-2017-13079, CVE-2017-13080, CVE-2017-13081, CVE-2017-13082, CVE-2017-13084, CVE-2017-13086, CVE-2017-13087, CVE-2017-13088

ビルド番号:
過去ビルド番号:45.0.B.2.95、45.0.B.2.134、45.0.B.2.143、45.0.B.2.165、45.0.B.2.179
最新ビルド番号:47.1.B.5.5

個人的感想:
カメラの歪み問題については画質が犠牲になります。オンにすると本当に歪みのないキレイな近接撮影が可能になっていますし、動作関連もかなりきびきびしており買い換えの必要性を全く感じません。
ただ、カメラの画像補正をオンにして遠くの風景を撮影すると、ビルなどは歪みますので基本はオフにして近接撮影時や歪みやすい対象物を撮影するときだけオン、というような使い方が良いかと思います。
スマートクリーナーやいたわり充電機能はそのまま生きています。
かなりのアプリケーションが8.0に対応していますので、対応していないアプリがないようならすぐにアップデートを推奨します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, docomo, Google, アップデート, カメラ, ガジェット関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です