Google Chrome 63.0.3239.108 配信開始。危険度の高い2つの脆弱性、バグ修正

GoogleChrome

GoogleChrome


そんなわけで多分年内最後のアップデートになるかと思われますので確実に当てておきましょう。

Chrome Releases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2017/12/stable-channel-update-for-desktop_14.html

危険度「High」に分類される脆弱性に対応しています。
悪用されるとChromeに実装されているJavaScriptエンジン「V8」由来のユニバーサルクロスサイトスクリプティング攻撃を受ける恐れがあるとの記載があります。
ようするに、閲覧しているサイトとは異なるサイトからV8経由でJavaScriptによる攻撃を受けてしまうということです。アップデートすればこの問題は受けません。

年末年始のセキュリティには特にお気をつけください。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, Mac, macOS, OS X, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です