Apple、macOS High Sierra 10.13.2 正式版配信開始。CVEベースで合計22個の脆弱性対応、バグ修正とともに他社製USBオーディオとの互換性解消等のアップデート

macOS High Sierra


今週はほぼ毎日アップデートがありますね。
一気に来るよりちゃんと検証している感じがして好ましく思います。

セキュリティリリース(英語):
macOS High Sierra 10.13.2, Security Update 2017-002 Sierra, and Security Update 2017-005 El Capitan
https://support.apple.com/ja-jp/HT208331
合計22個の脆弱性へ対応しています。
グラフィック周りにもかなりバグがあったようで、修正が入っていますね。

容量:1.66GB

アップデート時間:20分~30分程度(機種依存)

ビルド番号:17C88(全機種共通)
コンボアップデートのビルド番号:17C89(通常のアップデートでは17C88)
ビルド番号の差がどこにあるのかはアップル側が公開していないので全くわかりません。
現存環境にもインストールしてみましたが、差は分かりませんでした。

一般向けの修正された事項:
・他社製USBオーディオとの愛唱問題を改善
・PDFプレビューを表示した際のVoiceOverナビゲーションを改善
・メールアプリでの点字ディスプレイの表示を改善

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です