【追記】Apple、rootでパスワードなしのログインができてしまう脆弱性に対応したパッチ「セキュリティアップデート2017-001」2回目を配信開始

macOS High Sierra


本当に数時間できました。
対策はしてあったのですが、入れたほうがよいですね。

リリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT208315
(修正版のアップデート内容もページ自体を修正しています)

対象OS:macOS High Sierra 10.13、10.13.1

更新後ビルド番号:17B1003(1回目は17B1002)

容量:1.2MB

事態があまりにも急だったので急いでパッチを作った感じですが、SMB共有に接続できなくなるバグがあり、6時間後ぐらいに再度新ビルドの配信がありました。
Appleさんちょっとやらかしすぎましたね…。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です