Nintendo、Switch 本体ファームウェア 4.0.1 配信開始。HDMI接続信号の処理にエラーがあり一部機能をロールバック

NINTENDO SWITCH

NINTENDO SWITCH


久しぶりに任天堂さんやってしまいました案件です。
HDMI接続信号も新規にしたらちょっとおかしくなる場合があるとのことで、接続信号を3.0.2ベースに戻すファームウェア更新を緊急で入れて来ました。

リリース:
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/system_update/index.html

変更内容:
4.0.1(2017年10月26日配信開始)
一部のテレビでHDMI接続時に正しく映像が表示されなかったり、音声が出力されなかったりすることがある問題を解消するため、接続処理をシステムバージョン3.0.2相当の仕様に変更しました。

確かに信号処理がかわっていて、本体名称が出るようになっていたりしましたが、こちらの環境でも元に戻っています。
次のアップデートに期待しましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: アップデート, ガジェット関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です