Apple、「macOS High Sierra 追加アップデート」配信開始。キーチェーンに存在する致命的な脆弱性の解消等、緊急性の高いアップデート

macOS High Sierra


まず初回のアップデートは番号が進まない緊急アップデートとなりました。
バージョンは10.13.0のままですが、ビルド番号が進んでいます。

アップデートの内容:
・インストーラの堅牢性を向上
・Adobe InDesignを利用する際のカーソルグラフィックの不具合の修正
・「メール」アプリでYahooメールが削除できない問題の修正

具体的な修正のリリース(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT208165
・キーチェーンからアプリケーション経由でパスワードがプレーンテキストで抜き出せる脆弱性の修正
・暗号化APFSディスクの場合、パスワードのヒントを要求するとパスワードが表示される不具合の修正
(めちゃくちゃ危険な脆弱性です!!)

ビルド番号:17A405

ダウンロード容量:915MB

再起動回数:2回〜3回

インストール時間:初回再起動時2分、2回目以降20〜30分(機種依存)

また、一部の環境で追加アップデートがインストールされない、指示通りにAppStoreからアップデートを選択し再起動してもビルド番号が17A365のままな場合があります。
うちの環境でも1台その症状が出ましたが、再度AppStoreからアップデートをかけたらうまくいきました。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, OS X, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です