ESET、Windows 10 Creators Update 対応の別バージョンを用意。以前のバージョンだとエラーになる恐れ(追記あり)

ESETロゴ

ESETロゴ


ESETは前回のRedStoneアップデートで見事に引っかかりアップデート失敗の原因の1つになっていましたので、今回は前もってアップデートを用意してきています。
流石に問い合わせが多かったようで、日本代理店も考えを改めてくれたようです。

アップデートのFAQ:
http://eset-support.canon-its.jp/faq/show/3276

現行のクライアントを入れ替えろという指示も凄いんですが、機能も変わるという謎仕様です。
しばらく本体のアップデートをしていない方は、以下に入れ替えましょう。
アンインストールしてから、新規に別クライアントをインストールする手順です。

インストールの手順:
https://eset-info.canon-its.jp/support/setup/howto_setup2_eis_v100.html

Windows 7/8.1 環境の方はいまのままでも問題ありません。

追記:
既存環境でV10とV9を入れたままCreators Updateを導入しましたが、V9.0.375であれば特に既存でも問題ありませんでした。
ただ、今後のアップデートで非対応になる可能性もあるので、できれば新バージョンに移行すべきと思います。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 タグ: , , , パーマリンク

ESET、Windows 10 Creators Update 対応の別バージョンを用意。以前のバージョンだとエラーになる恐れ(追記あり) への2件のフィードバック

  1. カイ のコメント:

    ESET Smart Security V9.0.375以降とあるので、Internet SecurityにしなくてもSmart Security V9でもV9.0.349じゃなければ大丈夫だと思うのですが

    • anti-doyagao のコメント:

      ご意見ありがとうございます。
      複数環境で手動でCreators UpdateをESET各バージョンで検証しました。
      おっしゃる通り、既存のV9.0.375でエラーは起きませんでした。
      記事を後ほど修正いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です