新しいMacBook 12 を購入その2

今日はお仕事でちょっと外に出ているのですが、駅弁ってあるじゃないですか。
今日はなんだか駅弁気分だったので買ってみたんですが、1000円以上するのに中身少なすぎませんか??

と、前置きは置いておくとして、前回に引き続きAppleの新ジャンルMac(というか復活したジャンル)のお話です。MacBook最高。

BootCamp用にWindowsを購入しようと思ったら、1万円前後だったパッケージの商品が欠品していて、ちょっと今見てみたらやたら値上がりしてるんですね。
確かに値上げのアナウンスはありましたけど、4000円ぐらい値上がってます。

そこで、ライセンスのマシン間移動を実行しました。
Windows8や8.1、または7のアップグレード版でも問題ないので、使わなくなる予定のマシンで、以下のツールを実行します。



Windows Product Key Viewer(リンク先の下の方にダウンロードリンクがあります)

上記で表示・取得したキーでWindows10(HomeとProはシリアルキーを取得したマシンに入っていたWindowsで識別されています)のISOを焼いたDVDを使って新規でインストール可能です。
(この措置は2016年7月29日頃まで1年限定のようです)
Windows10のダウンロードはこちら。

この方法で6年前に自作したデスクトップで動いていたWindows7の64ビットProからシリアルキーを取り出し、MacBookにBootCamp用で新規インストールをしました。
本来ならPro版なので2万5千円(税抜)ほどします。
ただ、1回認証するとマシン固有IDがマイクロソフトのサーバへ送信・登録されてしまうので、大幅な構成の変更や全く違うマシンへのインストールは厳しくなると思います。
(今回の1年間例外措置も正直ライセンス的にはグレーと思います)
そのため、この自作マシンのライセンスは消去、OSとしては利用不可にするのが本来のルールと思いますので、捨てるWin7マシンがあれば是非この方法で無駄なくBootCamp環境を構築しちゃいましょう!
是非、人柱覚悟でお願いします。
(自己責任感)

カテゴリー: Apple, BootCamp, Mac, OS X, PC, Windows, パソコン関連 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です