Java Runtime Enviroment update 101及び102 配信開始。複数の脆弱性に対応

Javaロゴ

Javaロゴ


定例アップデートの一環として、アメリカ時間で7月19日、日本だと7月20日早朝にu101、u102の配信が始まりました。
AndroidでROM焼きをやっている方には重要なコンポーネントですね。

ちなみにJavaの定例アップデートは3ヶ月ごとなので、次は10月の予定です。
ただし、緊急を要する場合は突発的にアップデートが来ます。

今回は脆弱性を13件、クリティカルなものも含めてありますので、早急なアップデートをおすすめします。
72時間以内のアップデートを推奨する危険度となってます。
CVSSによる評価値は9.6/10ということで、ご理解ください。

通常の方向けJava
https://java.com/ja/download/[

開発キット入りJava
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

101と102がありますが、普通は101で問題ないです。新規APIなどの実装があって開発上レガシーを残しておきたい方は101を選びましょう。
一般ユーザーは102で問題ないです。





カテゴリー: Android, Mac, OS X, PC, Windows, アップデート タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です