Dell、「Venue」含む全てのAndroidタブレットの販売・開発を終了

Dell Venueシリーズ

Dell Venueシリーズ


「スレート型タブレット市場は飽和状態にあり、顧客からの需要が低下しているため、当社はAndroidベースのタブレット製品Venueを終了することにした」

http://japan.cnet.com/news/service/35085286/

売り場でもASUSやLenovoが頑張っていますが、やはり品質面で不満があります。
つい先日、NEXUS7 LTEが寿命を迎え(3年)代わりのタブレットを探してアキバヨドバシのタブレット売り場で2時間ほど迷った結果、唯一、動作的に許せるのはASUSのメモリ4GBのってるIntel入ってる「Z580CA」ぐらいしかありませんでした。
以下にリンクを掲載します。

ただ、SIM刺さるモデルが無いんですよねコレ…。

そんなわけで、現在中途半端に中華のタブレットを買うぐらいなら、個人的にはNEXUS 9の中古やWiFiモデルでいい方は新品も売っているのでそちらをおすすめします。
理由は後述します。





カテゴリー: Android, ガジェット関連 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です